•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


東京美容外科で前額リフト

頭髪のギリギリのラインを切って顔面の皮膚を持ち上げる手術をフェイスリフトと言いますが、施術する範囲が額周辺であるときは「前額リフト」と呼ばれます。これはヴェリテクリニックや東京美容外科でもメニューにあります。”額”とありますが、上まぶたや目尻の周辺も引き上げますので、お顔の上半分が若返った印象になります。メスを使った美容整形は費用も高額になりますし、ダウンタイムもつきもの。それに後遺症や感染症などの不安も、通常の手術よりはるかにリスクが高いのでなかなか踏み切れる人も少ないでしょう。しかしです、ボトックスや糸などのプチ整形の類でちまちま施術をしていても、効果は微量ですしなにより定期的な通院が必要です。また、1回の施術が数万で済んでもそれを何年繰り返すんですか?トータルでみたらトントンということもありますよね。また、プチ整形の類は何回もやっていくうちに徐々に薬剤が皮膚の中で溜まっていったり、美的感覚が失われて「もっともっと」といった考えに陥る可能性もあります。そこできちんとストップをかけてくれる医師ならいいのですが、たまに芸能人でもいらっしゃる「どうしてそんな不自然にしちゃったの?!」という残念なお顔になってしまいます。それならば一度の手術で自然に5歳ほど若返ってしまう考えもありますよ。
前額リフトは東京美容外科でもこの手術を受けることができます。ちまちまプチ整形で抗っていたかた、まずはカウンセリングだけでも受けてみてはいかがでしょうか?

近年はアンチエイジングや健康志向の高まりから、見た目を若々しく維持したりプロに頼んで見た目年齢の時間を少し戻してもらったりしますよね。前額リフトなど美容整形で本格的に若返ろうと思ったら、100万単位のお金がかかりますし全身麻酔の大掛かりな手術になるってもんです。しかも近年の美容外科クリニックは”美容皮膚科”が多いです。確かに1回の施術が数万~十数万のものでしたら払いやすいですし、多少の赤みや腫れが起こってもマスクで隠せるので仕事を休む必要がありません。これは私の勝手な想像ですが、皮膚科+エステという感覚で来院している人が多いのではないでしょうか?なにかの記事で「二重の手術を受ける人の何割かが”自分は眼瞼下垂”と言い張る」とありました。整形した者同士ですと「二重にしたい」「フェイスリフトしたい」といっても理解があると思います。しかしそういった考えを一切もっていない人に同じ事をそのまま言ったら、恐らく「それって整形じゃない?」と思われそうで怖い、という考えがあるのではないでしょうか?それが「眼瞼下垂だから(仕方がない)」「肌のお手入れだから(エステみたいなもの)」と言い換えると、言われた相手は「病気なら仕方ないわよね」「エステみたいなもの?自分磨きだなんて素敵」と捉えるのではないでしょうか?予防ですかね。
上記の考えもありですが、名医にかかれば何回も通って微妙な仕上がりで喜ぶより、一発で終えられるので私はオススメです。都内ではプリモ麻布十番やドクタースパクリニック、東京美容外科などでもできますよ

母親が前額リフトを希望しています。私は娘ですが、どこのクリニックが良いのか一緒に探しています。母は定年を迎えたのですが、現役中はそれなりのポジションに就いていたのに家庭のことも一切妥協しない人でした。尊敬しています。ですがやはりちょっと無理をしていたのですね、定年と同時に一気に老いたと嘆いていました。そんなことはないと思うのですが、ばりばり働いていたときよりゆっくりする時間が増えたので張り巡らされていた緊張が緩んだんだと思います。2~3年は趣味ややりたかったことに没頭して、数年後に再雇用制度でまた戻るといっています。その前に整形したいと相談されました。お疲れ様の意味を込めて私がお金を出すつもりです。お金は高くてもいいので最高の名医に受けてもらいたいです
△東京美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「東京美容外科で前額リフト」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •