•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


受け口 ザ・ホワイトデンタルクリニック

ザ・ホワイトデンタルクリニック受け口矯正手術を受けた人の症例写真です。
・受け口による噛み合わせの悪さに悩んでいた患者さんのここまでの変化をチェックしてみましょう。
・受け口の矯正手術をやったことがわからないくらい自然な仕上がりになっています。
・1年前の写真と比べると印象が変化したことがわかります。
・手術直後はかなり辛くて後悔したこともありますが翌日からすぐ楽にりました。
・受け口手術から1週間目で鼻の下がだいぶ腫れています。
・上唇と鼻の下の部分は一番腫れが長引く部位の一つです。
・顎の腫れが引いても上唇周辺の腫れは長引くことが珍しくないので心配はいりません。
・術後3週間目にザ・ホワイトデンタルクリニックで検診を受け口の中の傷口の抜糸を行いました。
・この頃になると食事も大分スムーズにでき歯磨きも行えるようになりました。
・術後50日目でも腫れはまだ若干残っていますが、上唇や鼻の下の腫れが落ち着いてきました。
・歯科矯正治療が上手くいって噛み合わせに問題がないため術後9ヶ月目に矯正装具を外す事になりました。
・受け口手術を受けてから就寝の際少しだけいびきをかくようになったものの、長年のコンプレックスを解消できたことが何より嬉しいです。
・ただ両顎手術は美容目的というより機能改善のための手術で、美容目的で安易に行うとリスクが高いことには注意してください。

・噛み合わせの際上前歯より下前歯が突出する状態を受け口(反対咬合)といいます。
・受け口改善方法には①歯列矯正で治療する方法と②外科手術で治療する方法の二つがあります。
・手術がもっとも効果的かつ確実で、代表的な方法が下顎分節骨切りです。
・左右第1小臼歯を抜歯してできた骨の隙間を利用して前歯6本をまとめて後退させる方法です。
・一般的な歯列矯正なら2~3年かかるところを数十分で改善します。
・また受け口だけでなく長い顎や曲がった顎には別の顎手術を追加で行います。
・まとめると、ザ・ホワイトデンタルクリニックの下顎分節骨切りがお勧めの人は、受け口を短期間で治したい人、矯正以外で治したい人となります。

・上の前歯より下の前歯が突出する状態は受け口であり、ザ・ホワイトデンタルクリニックが行う治療法としては次が挙げられます。
・ 外科的治療(顎骨切り)
・ 非外科的治療(歯列矯正)
・治療法①歯列矯正は個々に上下の歯をバランスよく噛み合わせるのに最適な治療法です。
・長いときは治療に要する期間が3年にも渡り、歯列矯正に手術を加えるケースもあります。
・見た目改善は歯列矯正だけでは限界があり、希望によって手術を色々組み合わせることができます。
・治療方法②下顎歯槽骨の分節骨切りなら短時間の施術で一気に受け口が改善します。
・美しく綺麗な口元となり表情が魅力的になります。
・口元の見た目と噛み合わせの改善が同時にできるということです
・ザ・ホワイトデンタルクリニックの下顎分節骨切りは、奥歯の噛み合わせはいじらず前方左右4番までの前歯だけを手術します。
・方法は4番目の歯を抜歯し、3・5番目の歯間にスペースを作ります。
・残りの前歯6本分をまとめて後退させていく治療法です。
・通常の歯列の矯正だと2~3年は必要になる受け口の症状が45分の手術で改善できます。
・入院の必要が無く5番以降奥歯の噛み合わせは変化しないの術後から食事可能です。
・ただし虫歯でもない健康な歯を抜歯することには問題があります。

※上記「受け口 ザ・ホワイトデンタルクリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •