•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


受け口 リッツ美容外科

-リッツ美容外科の受け口治療の流れ
リッツ美容外科のでは術前にセファロと歯列模型を元に綿密な手術計画を作成します。
・受け口だけでなく顎先の突出もみられる場合はオトガイ後退ないしは短縮骨切りも併用することがあります。
・剥離予定部と粘膜切開部に局所麻酔注射を行ったうえで両側口腔前庭粘膜に水平に切開を加えます。
・切開部から剥離していきますが、オトガイ部を剥離するときはオトガイ神経に損傷を与えないよう骨切りに必要な剥離だけにとどめます。
・骨切りする前に左右の小臼歯を抜歯します。
・舌側の歯肉骨膜を粘膜剥離子で剥離したのち、両側の歯を傷つけないようサジタルソーで骨切りします。
・骨切りが終ったらセグメントを動かせるようにしておきます。
・計画した噛み合わせが得られるように縦の余剰な骨を切除し調整します。
・注意深く観察しつつ顎の形状を調整し、カウンセリング時模型上で決めた噛み合わせができているか確認した後、0.4mmワイヤーで歯を利用し結紮固定します。
・骨片の固定と補強をチタンプレートを使用して行います。
・セグメントを移動した後のオトガイ部の隙間に、採取済み小骨片を挿入し調整することもあります。
・粘膜骨膜弁を戻し骨膜・筋層・粘膜の各層を縫合して閉じリッツ美容外科の受け口手術は終了です

・矯正だと噛み合わせ改善には1年以上かかりますが、リッツ美容外科のが行う下顎分節骨切りならたった1日で噛み合わせだけでなく受け口も改善します。
・上顎そのものが引っこんでる場合は、上の歯を上顎分節骨切りで前方移動させ受け口を解消することもできます。
・セファロによる分析と歯列模型作成で術前に詳細な治療プランを立てます。
・下の歯が前に突きだしている受け口の方は顎自体の長さも目立つことが多いですが、同時に短縮することもできます。
・上下の歯をワイヤーで結んで固定するだけで顎間固定は行わなくてもよいですし、入院生活も必要なく日帰りで手術できます。
・翌日から普通の食事ができ、口の中に傷跡があるため外からは見えません。

・下顎が長く突き出た口元を俗に受け口と呼びます。
・下顎前突症の受け口は下顎の骨および歯が全体的に前に出ています。
・前歯だけでなく奥歯の噛み合わせも合っていないため、歯並びを根本的に改善すべく上下顎を同時に治療する両顎骨切りをリッツ美容外科では行っています。
・歯並びと噛み合わせは適正ですが下顎の先だけが前突している場合は、オトガイ形成で矯正できます。
・受け口手術は、両顎を手術をする場合も多く術後顎の位置が変化するため、術前あるいは術後に歯列矯正を行う必要がでてきます。
・術前矯正に要する期間は個人差がありますがおよそ3ヶ月ほどかかります。
・術前の歯列矯正で歯並びをある程度改善させてから外科手術を行う(術後に歯列矯正が行われる場合アリ)ので比較的時間的余裕のある方におすすめです。
・術後にだけ歯列矯正をする方法はそれだけ治療期間を短縮でき、矯正器具装着のわずらわしさも少なくすみます。

※上記「受け口 リッツ美容外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •