•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


受け口 鶴木クリニック

鶴木クリニックでは患者にとって安全な受け口改善手術を実践しております。
・デザインの検討や術式選択を臨床経験豊富なベテランドクターが検討します。
・こうして数多くの輪郭形成を安全かつ確実に行うことが可能になるのです。
・鶴木クリニックの輪郭骨切り手術は世界有数の症例数を誇ります。
・顎骨切りでは骨を直接切ったり削ったりすることでフェイスラインを劇的に美しく改善すできます。
・ここで大切なのは顎以外のあらゆる顔のパーツとの総合的バランスをはかる医師のセンスです。
・手術自体も難易度がとても高く、未熟な若手ドクターが行ってよい手術ではありません。・ちなみに鶴木クリニックでは、臨床経験10年以上の医師だけが行っています。
・難易度の高い骨切り手術のためちゃんと受け口が治るか不安になる方が多くいらっしゃいますが心配はいりません。
・鶴木クリニックが行う受け口改善手術は美しさと快適さを生み出す手術です
・鶴木クリニックには、受け口を含め口元の悩みで来院される方が大勢いらっしゃいます。
・歯並びを治せば受け口の悩みは解消すると思われがちです。
・しかし通常の矯正治療では治療できないケースは顎変形症と呼ばれ、骨格に問題があるのでため顎骨切り手術が必須となります。
・骨を切る手術である以上術後の輪郭のイメージを予想しなければなりません。

・重度の受け口(反対咬合)でお悩みの患者様は、骨格的に顎骨の大きさが上下で違うため、外科矯正手術が適応となります。
・鶴木クリニックではチームで診断と診療を行います。
・歯科医美容外科医が連携する鶴木クリニックの場合、トータルバランスのとれたフェイスラインに仕上げることが可能です。
・歯科矯正だとだいたい1週間おきに通院しなければならず最低でも2年はかかってしまう治療が、外科手術なら麻酔で眠っているうちに終ってしまいます。
・矯正器具は原則不要であり、口腔内からの手術なので肌に傷が一切残らず、痛み・腫れも少なくすむのがメリットです。
・受け口の治療は大まかにいって歯科矯正と外科矯正の2種類が挙げられます。
・それぞれ単独で行うこともあるのですが、確実に受け口を治したいなら両者をミックスさせて治療を行っていくのがよいでしょう。
・もっとも噛み合わせが正常なら美容外科手術による治療を優先する人が多いのも事実です。

・受け口の歯科矯正について説明します。
・金属ブレスを装着して歯の向きを内側にして倒したり、少しづつ歯の位置をずらすことで受け口症状を改善する治療法です。
・ブレスを締め直すため2週間に1回鶴木クリニックに通院し、平均2年~3年で歯の位置や向きを変えるという長期間の治療です。
・ブレス締め直しの時やその後数日間は頭痛や痛みが派生することがあります。
途中で矯正をストップしまうと受け口の状態に戻ってきてしまうので、原則続けていかなければなりません。
・歯科矯正による受け口治療はあくまで歯の向きや位置を変えることがメインです。
・口を閉じることができない、口元の表情が不機嫌に見える、口が自然にぽっかり開いてしまうといった症状は、顎の骨の形態が原因の可能性が高いので改善が困難なことがあります。
・加えて骨格を変えないので顎先と下唇の間の窪みができませんから、横顔のラインが変わらないおそれがあります。

※上記「受け口 鶴木クリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •