•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨削り 横浜エーブクリニック

横浜エーブクリニックで夏休みに念願の輪郭整形するのが楽しみです。当初は韓国で整形するつもりだったんですよね。手術内容は頬骨切り+エラ骨削りのVライン形成、両顎手術でした。両顎手術は日本でいうところのルフォーⅠ型骨切り術と下顎枝矢状分割術のことです。この手術はリスクがたかく死亡事故もおきていることからあきらめました。エラ骨削りやったあとにルフォーⅠ型骨切り術と下顎枝矢状分割術は骨格的な関係上できないんですって。でもセットバックならエラ切りのあとでもできるらしいから、とりあえず頬骨切り+エラ骨削りやってものたりなかったらセットバックもやるかもしれません横浜エーブクリニックでエラとか輪郭やった人いませんか?阿部聖孝先生の評判はいがかですか?体験談や感想おしえてもらえたらうれしいです。

私がここ半年かいてきた整形経過レポブログにとても温かいメッセージをくださった方々、ありがとうございます。お返事する書けずすみません。私はこの半年で鼻中隔延長術、顎削り、小鼻縮小・内側法、全切開法二重術をけいけんしました。手術にた美容外科湘南美容外科に城本クリニック、それからしらゆりビューティークリニック。そしてついにこの夏エラ骨削りを横浜エーブクリニックでやります。いままでの美容整形はレポブログの経過写真でもわかる通り成功も失敗もあったけど、これまでで一番大きな整形であるエラ骨削り、絶対失敗は許されません! 阿部聖孝先生の症例写真はモニターの方がとてもきれいになっているし、口コミもいいし信頼しています。私の今の顔と手術後の顔の写真や経過の詳細はブログに書きますね。私の気持ちを汲み取ってやさしくしてくださった読者のみなさまありがとうございます。Vライン手術も気になりますが取り合えずエラ骨削り行ってきます!

父親は私にとてもあまいので私の事を心配してるらしく、エラ骨削りの手術についてこようとしていました。お父さん、もう30だからやめて(笑)それでも、手術の朝私のバックに現金が20万もはいっていました。母親は整形に反対で手術の日の朝までくちをきいてくれませんでしたが、玄関を出るときますでこれが最後みたいな目で私をきていました(笑)エラ骨削りは横浜エーブクリニックでやったのですが、阿部聖孝先生もスタッフの方もとても優しかったです。術後はやはりつらかった・・。顔が腫れるしバンテージ苦しいし、内出血で化け物みたいだし、口の中痛いし、息しにくいし、死ぬかと思いました。やっぱり二重手術のときとはレベルが違うわ。それでもダウンタイムが終われば自分らしく生きる事ができるし、ようやく同年代の子達とおなじく婚活を楽しむ余裕もできました。

エラ骨削りのために3年かけてコツコツ貯めてきたお金を母に隠されました。私が美容整形えお受けようとしていることに気づいた両親が銀行の口座を締結したらしい。今は何も考えられません。わたしのお金・・もう成人しているんだから私の人生好きにさせてよ!過保護のカホコじゃないんだから!明日は家族で話し合いですが、私の味方は姉しないません。父も母も絶対にお金を返してくれないとおもいます。美容整形は根っからの悪だ!くらいに考えている人たちですから。自分の考えが全てというそうゆう人間たちなんです。横浜エーブクリニックでエラ骨削りする日程が1週間後、今からキャンセルしたらキャンセル料がかかってしまう。成人なのにどうして自由に自分らしく生きちゃいけないの?とにかくあねは応援してくれるらしいので明日、父親と母親と全力で話し合って親子の縁がきれてもエラ骨削りします。ずっと小顔になるのが夢だった。このエラを整形するのをずっとずっと待ってがんばってきたんだもの。

2年前にオトガイ形成とガミースマイル修正の骨切りに失敗してから引きこもってきました。本当につらくて不自然なあご、口も開きにくいしかたいものも食べられない。唇には傷が残ってるし顎あたりは痺れが残ったまま・・そんな人生に耐えられず自殺すら考えました。でももう一度、自分の人生を取り戻したい、自分に自信が欲しいと思い。にちゃんねるや口コミ掲示板のうわさや評判をあさって横浜エーブクリニックにメール相談をしました。返信文は非常に丁寧で一度カウンセリングにいらしてください、修正でいらっしゃる方もいますから心配ありませんよと書いてくださったメッセージに勇気づけられ横浜エーブクリニックに行きました。そして先日のエラ骨削り手術。術後のダウンタイムは腫れの大きさに不安もありましたけど、阿部聖孝先生を信じられたからたえられました。いまでは顔の横幅が小さくなってエラがすっきりして自分の顔を気に入っています。ありがとうございました。

※上記「エラ骨削り 横浜エーブクリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •