•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


人中短縮術

ブロガー
先日、中顔面が長いことを相談しに都内のある美容外科に行ってきました。実は以前に鼻の下を4ミリ皮膚切除して縫い合わせる(上唇が上方向にあがる)人中短縮術をしたことがあるんですが、骨が小さくなったわけじゃないので口元に力を入れないとポカンと口が開いてる状態になってしまったんです。(こんなことならせめてボトックスにしておけば良かった…)そんなこともあり、上顎の骨を切って短くするルフォーをすれば私の悩みは解消できるんです。皮膚を切っても効果がないって2chとかでも体験談があるので、もっと注意喚起できれば良いんですけどね。それで、輪郭の手術を数多くこなされた言わば”輪郭形成のエキスパート!”な先生に私の顔を診てもらったんです。とても穏やかな口調の先生だったんですけど、手術は出来ないと言われてしまいました。「ルフォーはリスクが高いし、君はそこまでのリスクを背負ってまでするほど中顔面は長くないよ」と。「頬骨と顎先の手術で十分だよ」と。30分間ずっと諭されましたが私の人中短縮術(ルフォー)への熱は微塵も冷めません!(笑)こっちだってかなりの覚悟なんじゃい!先生のおっしゃることも分かるんですがね。それでもこのカウンセリングも無意味なものではありませんでした。改めてネットや口コミ、2chでは知り得ることのできない手術のリスクやデメリットも教えていただきました。先生のカウンセリングを受けて良かった!さて、見事に名医に断られてしまった私はまた一から名医を探す旅をしなければいけません…。

美容外科カウンセラー
馬面から童顔へ変わりたい人には人中短縮術が良いと思います。馬面とは中顔面が長いことでそういう見た目に例えられるのですが、眉間の真ん中から鼻先あたりのことを言います。中顔面を短縮する方法にルフォーⅠ型骨切りがありますが、これを単純に用いて手術をすれば、「はい、童顔の完成です」にはなりません。単純に上顎だけ上昇させても下顎とのバランスが崩れます。人中短縮術をするには下顎のSSROも併用しないと噛み合わせに障害が起こります。これらの手術を施すときには単純に上下の顎を上昇させるわけでなく、回転を伴って上昇させます。馬面の改善と共に小顔効果も期待できます。間延びした顔が短くなり、なおかつ小顔になるんですから”童顔に一番近づける手術”と言えるでしょう。

元美容外科勤務
Le FortⅠで人中短縮術をすると聞くと恐らく「あぁ、鼻の下が長いんだな」と思われる方が大半でしょう。2chや知恵袋などでも、質問者の詳細を聞かずに決めつけてる方をよく見ます。しかしLe FortⅠに下顎枝矢状分割骨切り術とオトガイ骨切り術を合体させれば、横顔に変化をもたらすことが可能です。正面からは整ったお顔に見えても横顔に凹凸がないという方、いらっしゃいますよね?そのような方に上記の手術を行うと、中顔面を少し短くしつつ上顎を前に出してあげることで横顔に凹凸が生まれます。顎先も出してあげることでより理想的なEラインに近づけることが出来ます。
また、鼻の下が長いケースですが、このケースで多いのが鼻先が上向き(豚鼻と言われる感じです)になっていることです。人中短縮術をする際に、鼻先も同時に動かしてしまうとお顔は小さくなったのに豚鼻はそのままという結果になってしまいます。それを避けるために鼻先は動かさずに周囲だけを移動させる手術計画が立てられます。
Le FortⅠなどの人中短縮術は目から下の顔の構造をよく理解していないといけません。せっかく大きな手術をしたのに「老けた」「なんかしっくりこない」「前歯が見えなくなった」などのトラブルが実際に起こっています。2chや失敗掲示板などでもたびたび出てきます。医者に言われたことだけを鵜呑みにせず、カウンセリング後にご自宅で調べたりセカンドオピニオンを受けてください。

ブロガー
一昔前の人中短縮術などの全身麻酔を伴う手術は、現在とは比べものにならないくらい大変だったと聞きます。時には輸血の必要もあったとか。手術時間も長ければ手術後の入院も長期にわたったと聞きます。ですが今は医学の発展で医師・患者双方の負担が軽減されたと聞きます。医療機器の発展もめまぐるしく、毎日のように新しい薬剤や機材が開発されています。ですがどんなに良い薬剤や機材でも、処方・使用するのは人間です。医師の性格も十人十色、流行物や最新の物に飛びつく医師もいれば、確たるデータが無いものには慎重になる医師、様々です。2chや口コミサイトでも医師の人柄についてカキコミされてることがありますが、中には「ほんとその先生、新しもの好きなんだよね!」と言える投稿もチラチラ見かけます(←ネットのことなので全てが真実とは言えません)流行してる施術が良いものとは限りません。自分がやる手術がちゃんと安全というデータが出ているかチェックすることは患者の努めだと思います。

※上記「人中短縮術」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •