•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎骨削り

口コミでもおなじみ韓国のエラ削りのビフォーアフターはやっぱりすごいです!
・国際美容整形外科学会が行った統計によれば、美容整形手術を受ける韓国人の割合は世界でもトップクラスです。
・特に輪郭が悩みの女性が多いらしく、最新の調査結果によれば年平均で5千件のエラ削りや顎骨削りが、韓国では行われているそうです。しかしそのうち約52%が術後顔面麻痺等何かしらの後遺症が残ってしまうとのデータがあります。
数年前から韓国や中国の整形手術がニュースやテレビで取り上げられ、日本でも話題になっています。
・口コミによれば巷の女性のあいだでは脂肪吸引や目や鼻のプチ整形の人気が高いようです。
・首都ソウルの高校生は大学受験の共通試験を終わると整形することがあたりまえにのなっています。
・韓国ではエラ削りや顎骨削りがとても人気です。
・特にエラ削りの術前術後の変わりようがすさまじくネットでも話題となっています。
・通常顎の後ろをメスで切開しエラ骨を削る方法がとられますが、筋肉や脂肪組織、おとがい神経などを損傷する可能性が高く後遺症のリスクが高いです。
・最近は手術マシンがカットすべき箇所を自動的に算出し削っていくという手術方法が人気です。
・手術時間は約1時間程度で7日から10日ほどで抜糸し退院できます。
・80~100万円程度手術費用がかかります。

・顎骨削りやエラ削りで後遺症が残ってしまうケースがあります。
・韓国美容整形業界では現在エラ骨や顎骨を削って小顔にする小顔整形が大流行ですが、顔面麻痺の後遺症がおこるケースが多いとして注意が呼びかけられています。
・ちなみにエラ削りや顎骨削りは手術難易度が高いため合併症が引き起こされるリスクも無視できないといわれます。
・韓国消費者保護機構によれば、エラ削りや顎骨削りに対するクレームは、2010年では29件でしたが2012年は89件と急増しています。
・国際美容整形学会によれば、手術を受けた人のうち約52%が神経系統の障害に悩んでいると発表されています。
・手術を受けた23歳女子大生が先月後遺症のため自殺するという事件(口コミでも話題になっていました)も起きています。
・彼女は顎削り後に顎が曲がってしまい、涙腺が詰まり涙がとまらないという後遺症ですごく苦しかったと遺書に書き残していました。

・顎骨削りの問題点としては、顎骨削りを行った箇所とそうでない箇所との境界に不自然な段差が生じてしまったり、削り過ぎのせいで凹みが残ってしまうことなどが挙げられます。
・顎骨削りで骨膜から剥離する作業の途中神経を傷つけてしまい、周囲の感覚が麻痺する可能性もあります。
・未熟な医師がずさんな操作を行えばより一層可能性は高くなります。
・むろん技術が高く丁寧な操作をする経験豊富な名医だとしてもリスクがゼロとは言い切れません。
・もともと左右差など無かったのに顎にひどい左右差が生じてしまったケースは明らかな顎骨削りの失敗例です。左右差がもとからあるならできる限り左右対称に整えますが、新たに左右差が生じてしまうなど最悪の結果でしかありません。
・完全に医者の技術の問題なのでしっかり医師選びを行うべきです。
・皆さんは口コミの成功体験談ばかり過信せず、失敗や後遺症を覚悟の上で美しさを手に入れるということを決して忘れてはいけません。

・顎の整形である顎骨削りの費用についてですが、全て保険適用外の治療となります。
・また入院が必要となる治療のため麻酔代・入院費が手術代とは別に必要となります。
・なお治療費には、顎骨削りの手術時に使用される薬剤や術後必要となる薬や検診費用も含まれます。
・当クリニックはアフターケアにも力を入れておりますので安心してくださればと思います。
・手術後の歯の矯正治療については別途料金がかかることも考えられるため、カウンセリングの際に相談するとよいでしょう。
・カウンセリング、医師の診察およびコンピューターによるシミュレーションは基本的に無料ですからまずは気軽に来院してもらえればと思います。

※上記「顎骨削り 口コミ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •