•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り 韓国

顎削り
・顎削り(顎骨切り)は長い顎やしゃくれている顎を骨切り操作を行いサイズと形を整えていく手術です。
・オトガイの先端の顎削りのみだと術後の変化が十分でないないことが多いため、当院においては全症例で骨切りを実施し、さらに削ることで調整を加えます。
韓国の顎削りは骨の切り方に工夫が加わっていることで大きな効果が出せることにその特徴があります。
・下顎骨のサイズにも依存しますが、6mm~10mm幅で骨切りが行われます。
・顎削りはこういう人に向いています
・長い顎を短くしたい方
・幅太の顎を尖らせたい方
・しゃくれている顎を短くし奥に引っ込めたい方
-長い顎や大きな顎を顎削りで小さくしシャープなシルエットに
・水平骨切り術によって長い顎は最大約10mmほどまで短縮することができます。
・左右に広い肥大している顎は、オトガイ神経を保護しつつ左右側面から骨切りないし骨削りが行われることによりシャープで細い顎のラインに仕上げることができます。
・そのほかしゃくれ顎には骨削り、奥に引っ込んだ顎には骨切り前方移動をすることでナチュラルかつ魅力のあるラインが実現します。
・なお口腔内アプローチなので外からは手術痕は全く分かりません

-韓国の顎削りの特徴
・韓国では顎骨削りの効果をフルに出すために、大きくブーメラン型に骨切りが行われるため、施術直後の腫れた状態でも小さくなった顎を実感できることがポイントです。
・韓国ではオトガイ神経を傷つけることのないよう注意しつつ、顎を細く短くといった要望に応えることも可能です。
・韓国以外で手術したが効果に不満がある方も修正手術が可能です。
-顎削りと顎骨切りの違い
・顎削りは電動ドリルを駆使して骨を削っていく手法です。
・韓国では骨切りした後の断端角をなめらかにしたり、ちょっとした調整にのみ骨削りを行うくらいで、ほぼ全例にわたり骨切りを行います。
・顎削りだけではせいぜい2、3mmばかり削るのが精一杯で外観上変化がほとんどみられず、術前と変わらないくらいまで骨が再生してしまう可能性もあります。
・また下顎骨は総じてとても硬いため、細かくそれ以上削るのは困難なのです。
・韓国では少なくとも6mm以上の幅で顎骨切りを行いうことで術後変化を実感できる手術を提供します

・顎削りの時問題になるのは下顎骨から出るオトガイ神経です。
・オトガイ神経というのは知覚神経であり、この神経を切ると下口唇や下顎周辺の感覚が無くなってしまうため、間違っても傷つけないよう注意しなければいけません。
・他クリニックで顎削りを受けた患者で多いのが、オトガイ神経を損傷しないよう気をつけるあまり過剰に手術範囲を狭くしてしまった結果、ただ削るだけで終ってしまったり、顎骨切りを行っても切除量と範囲が小さく、あまり術後の変化が実感できないという相談です。
・韓国では手術範囲を思い切って大きくし、直視下にオトガイ神経を置いたうえで、エラに近いところから骨切りを行うため顎骨切りが大きく行うことが可能です。
・顎削りの際に圧迫する目的の一番は止血です。
・下顎骨の断端や筋肉層からの出血は術後フェイスバンテージでの圧迫を数日行うことで抑制することができます。
・フェイスバンテージ圧迫のもう一つの効果は、顎骨切りを行うことに付随して発生するたるみや癒着を利用しオトガイを前進させたり、二重あご改善が期待できます。
・圧迫を行う期間や固定の方法は患者によって異なるので医師の指示に従ってください

・顎削りの他院修正の相談で多いのが、「手術の前と後でほとんど顎に変化がなかった」「もう少し削りたい」といったものです。
・外観上確実に変化を出すには5、6mmの骨切りが少なくとも必要で、削りのみでは大して変わりません。
・オトガイ神経を損傷させることを恐れるあまり、小さな切開で骨を小切除するだけにとどめるクリニックも少なくありません。
・韓国では効果をわかりやすく理解してもらうため、顎削りで切除した骨片を患者本人に確認してもらっています

※上記「顎削り 韓国」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •