•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


顎削り 湘南

-エラ [湘南美容外科のエラ削り]
・エラ張りに悩む方は、エラが張った箇所を髪で隠す人が多く、ヘアスタイルをアップしてフェイスラインを出せないという悩みを抱いています。
・またせっかく小顔手術を受けたとしてもエラ部分の皮膚に傷跡が残ると結局髪で隠すことになってしまいます。
・湘南美容外科で行うエラ削りの特色は以下の3つです。
①口の中から操作する手術のためエラ部分の皮膚に傷跡が残さず腫れも少なくすむ
②骨切り範囲を広げ前方顎近辺まで行うので、トータルフェイスバランスが得られる
③エラ削りだけでなく顎削りや頬骨切りを併用するので、横顔だけでなく正面顔も小顔になる
-頬骨 [湘南美容外科の頬骨削り]
・頬骨の突出箇所は2箇所あります。
・正面から見た出っぱりの耳の前方部分(頬骨弓部)と斜めの方向から見たときに突出している目尻のすぐ下の出っ張り部分(頬骨体部)です。
・それぞれの部位ごとに手術方法が異なります。
・頬骨弓部分の厚さはおよそ5~6mmなため、骨強度を考えれば削ることで細くするには限界があり、仮に削ってもほとんど見た目に変化はでません。
・こめかみ毛髪内をわずかに切開し、頬骨弓部分を2か所骨切りして内方転位させるアーチインフラクチャー法で頬骨が引っ込んだスッキリとした小顔になります。
・頬骨体部は1cm以上の厚さがあるため、口腔内から骨削りを行えば確実な変化を出すことが可能です
△顎削りのテーマから逸脱 m(_ _)m

-下顎(オトガイ)[湘南美容外科の顎削り(水平骨切りなど)]
・下顎の美容整形における要望としては、長い顎やしゃくれた顎を治したい、奥に引っ込んでいる顎を前に出したい、丸い顎をシャープにさせたいなど様々あります。
・それぞれの顎の症状に応じた術式を適用しコンプレックスを解消しつつお望みのフェイスラインに近づけます。
・また顎削りだけでなくあらゆる手術にはリスクがあります。
・当院が最も気をつけていることは、顎削り後の合併症を可能な限り少なくすることです。特に下顎削りではオトガイ神経(下顎の感覚神経)の負担を最小限にする工夫を手術の際に行っています。
・オトガイ神経は下顎削り時必ず見える知覚神経で、右神経に手を加えないのは当然として、できる限り負担を掛けず手術を終えるようにします。
・そうすることで術後生じる下唇の痺れが短期間で回復することとなります。
・単に顎削りで美しい顎ラインをつくるのみならず、その後日常生活を送るのに支障のない安全な手術を行います

-下顎(反対咬合・受け口)[湘南美容外科の下顎分節骨切り]
・受け口治療としては歯科口腔外科で行われる歯列矯正と美容クリニックで行われる骨切り術があります。
・どちらにもメリットデメリットありますが湘南美容外科で行われる下顎骨分節骨切りは奥歯の咬み合わせを変えず維持したまま行う顎削りであるため、通常なら数年単位でかかる矯正が必要でなくなることがメリットです。
・手術後多少の唇の腫れが1~2週間続きますが、手術翌日の時点で受け口が改善されたころが感じられるでしょう。
・この下顎削り手術のやり方はまず左右第1小臼歯(前から数えて4番目)の抜歯を行い6~7mm程度のスペースをつくります。
・次に骨切りを行い下顎前方の歯槽骨と歯をひとまとめにしてそのスペースを利用し後方変移させるという流れです

-輪郭プチ整形 [ボトックス注射]
・エラ張りを手術ではなく注射によって小さくするプチ整形はボトックス注射といいます。
・エラ張りには原因が2つあり、エラ骨が厚くて外に張り出す場合と筋肉の厚さが普通通より厚いことです。
・エラ骨を小さくするには骨切りが必要ですが、咬筋部分は筋肉を委縮して小さくするボトックス注射が有効です。
・約半年から1年程度でほぼ元に戻りますが、腫れがほとんど起きないことと繰り返し注射することにより元に戻りにくくなることがボトックス注射の利点です
△顎削り 湘南のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「顎削り 湘南」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •