•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


隆鼻術

鼻の施術で”隆鼻術”はとても人気です。鼻を高くするといっても、ヒアルロン酸のような注射によるプチ整形もあれば、自分の耳の軟骨を利用して半永久的な効果を得る本格的な手術とあります。どの方法が適しているかはその人のライフスタイルなどにもよりますね。プチ整形の体験談は芸能人もカミングアウトしている人が多いですし、2chなどネットでも検索すればたくさん事例や口コミがでてくるので、初めてやろうと思っている人でも気軽に受けられるんじゃないかなと思います。それよりも気をつけたいのが、メスで切開を用いる方法の時ですね。これはある意味、一発勝負の所があります(プロテーゼだったら失敗しても抜けば良いのですが…)。鼻の手術は目に次いで多い手術です。それほどコンプレックスに感じてる方が多いのですが、失敗報告やトラブルも非常に多いのです。大きな失敗とまではいかずとも、鼻が曲がってしまった・吸収される薬剤が一部に残ってしまった・不自然な形になってしまった…もしかしたら目の手術より失敗やトラブルのケースは複雑化しているかもしれません。また、鼻の手術は繰り返し行いやすいことでも有名です。それは修正が何回やっても満足いかないケースと、「もう少し高くもう少し細く…」と終わりが見えなくなってしまうケースです。2chで「整形前のほうが可愛かった」などとよく言われる芸能人の方がいらっしゃいますが、それは一般の方でも起こりうることです。失敗しないことはもちろん、終わりを見失うほど深追いしない心がけも受ける側にとっては必要です

いきなりシリコンを入れるのは怖かったのでレディエッセを鼻筋に入れて高さを出してみました。とても綺麗にできたので、今度はシリコンプロテーゼによる隆鼻術にしようと思ってます。レディエッセをやったクリニックはプロテーゼの費用が40万ほどします。でも先生の腕は確かだし、個人院だと妥当な値段なんじゃないかと思います。それでも大手の安さやモニター制度に惹かれている自分もいます。プロテーゼはどこのクリニックで受けてもそんなに違いはないでしょうか。私が受けたクリニックが2chで悪く書かれていることも気になります

一昔前の隆鼻術といえばL型シリコンがメインでした。今になって当時の人たちが「抜きたい」と相談に来ることが多くなってきました。当時は今ほど整形に対してオープンな社会ではなく、失敗の被害に遭っても被害者はどこにも助けを求めることができなかったのです。なのでごく一部の医師の中には、訴えられないことを良いことに無謀な手術を繰り返していたとも聞きます。また「このままでは危険だから」と患者の不安を煽り、本来なら不要な手術を何回も受けさせていたとも聞きます。プロテーゼによる隆鼻術を何回も繰り返したら皮膚が弱くなってしまうことは素人でも想像できると思います。そういった方々が私のクリニックに訪れましたら、これ以上人工物でなにかするのはもう止めさせます。そしてご自身の細胞をつかった隆鼻術へシフトするよう説明させていただきます。最初はみなさん驚かれるのですが、丁寧に時間をかけてお伝えすると大半のかたが納得されます。そして数ヶ月と待たずに手術をお受けになります。自家組織での隆鼻術はプロテーゼのようなトラブルも起きませんし、私はこの方法がベストだと思います
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m

鼻が低いのがずっと悩みで手術することを目標にバイトしてきました。このたび50万貯まったので隆鼻術と鼻翼縮小術をやりたいと思います。整形した人のブログを読ませてもらうと「技術のある医者に託すように」と書かれていますが、どのお医者さんが技術があるのかという判断はどうしたらいいですか?知恵袋とか2chを読みあさっても選べずじまいです。いまのところ、美容医療協会に入られてるお医者さんから選ぼうと思ってますが平気でしょうか?もしこのお医者さんがおすすめとか、反対にこのお医者さんはやめておけというようなことがありましたら知りたいです

※上記「隆鼻術を語ろう!」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •