•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り

エラ骨切り手術を受ける9割以上の人達が、横顔の変化よりも正面顔をより変化させることに重点を置いた希望を持っています。
・実際の具体的な希望としては、例えばベース型やスクウェア型のフェイスラインを今若い人達に評判で流行の卵型のラインにしたい、などです。
・正面から見た顔で顔面下3分の1の大きさを決定する解剖学的構造としては、下顎骨の形状・咬筋の厚さ・皮下脂肪の量等が挙げられます。
・正面から見て細い小顔にするには、これらのどの要素が顔のサイズに関連しているか的確に評価する必要があります。
・骨格がエラ張りの原因である場合は最大の横径部の位置を把握しておく必要があります。
・この部分を「正面からみたエラ」とすると、右部位は下顎骨に投影したとき体部において斜線付近に位置し、皮膚表面では咬筋前縁から中心に位置しています。
・よって正面からみた顔の改善にあたっては、下顎体部の厚さや湾曲、張り出しをエラ骨切りで改善すると共に咬筋を薄くすることが必要だとわかります。
・場合によっては下顎骨よりも咬筋の方が顔面横幅に対する影響が大きいこともよくあります。
・正面から見て咬筋を強く膨らませた状態と安静時との差で咬筋のおおよその厚さを計ることが可能です。
・奥歯を咬みしめた時に咬筋の盛り上がりがみられる人は咬筋縮小手術が適応となります。
・触診で下顎骨をよく確認したうえで、最大の横径部位である咬筋中央~前縁近辺までの下顎骨形態を正確に把握します。
・この位置は外側斜線から下顎枝前縁あたりと一致します。
・さらに詳細な咬筋減少量を検討するには評判のCT検査を行った後画像診断を行うと効果的です

■エラ骨切りの手術前検査
・エラ骨切りは全身麻酔下で行われる手術のため、麻酔が安全に行えるよう手術前に各種検査が必要となります。
-血液検査
・出血の傾向や貧血の有無、肝臓機能や腎臓機能、感染症にかかっていないか、血糖値などを調査し全身麻酔やエラ骨切りに耐えることが可能かどうか精査します。
-心電図
・不整脈の種類やその有無、心臓の肥大、心筋虚血、心筋炎等の発症の可能性が判明します。
・エラ骨切りを予定する患者さんの心臓にトラブルがないかどうかを確認するために行う術前検査の一種です。
-胸部X-P
・肺や心臓、大動脈などのおもに胸部にある臓器を調べ、呼吸系と循環系に異常ないかどうかを調べるための検査です。
・X線を胸部全体に照射して撮影し、肺におかしな影は無いか、心臓の形状に異常がないかどうかを入念調べエラ骨切りおよび麻酔を安全に行えるかどうか評価します。
-血圧測定
・術中および術後に血圧が上昇すると出血のリスクが高くなるため,安定した血圧を管理し維持し続けることが重要です。
・またトラブルの早期発見や全身状態を適切に管理することが目的でもあります
-身体測定
・麻酔を正確かつ安全に行うためには体重から麻酔薬の計算をし、身長から挿管に用いる管の長さや胃に入れる管の長さを推測します
△評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

-エラ骨切り
・小顔の美人に生まれ変わるには骨削りおよび骨切りが必要となります。
・カウンセリング時希望通りにいくかどうかを検討し、後遺症や副作用の可能性に関しても説明します。
・十分に検討し納得できたならレントゲン撮影と血液検査を行います。
・エラ骨切り当日に骨切り範囲をデザインします。
-評判の下顎角形成術、外板削除術、下顎角スティック骨切り術
・四角く張ったエラ骨を切削し柔らい輪郭に仕上げる評判の輪郭形成手術です。。
・手術は全身麻酔で行われ、下口唇の裏側の粘膜を切開し口腔内からのアプローチで行われます。
・はじめに正面から見て顔面横径が最も大きい下顎角の外板を縦方向に切り落とします。
・次に柔らかいラインを出すためエラ全層切除を追加で行い横顔のラインを整えます。
・さらに内視鏡を用いた外板切除およびスティック骨切り術も行います。
・エラ骨切り後は下膨れのような腫れが1ヶ月ほど続きますが、次第に腫れはひいていきスッキリしたフェイスラインに仕上がります。
・顎近辺まで骨切りするとオトガイ神経の圧迫により下顎や唇の痺れが数ヶ月続くこともあります

※上記「エラ骨切り 評判」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •