•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り ブログ

エラ骨切り
・美容外科クリニックで行われている「小顔改善手術」、その代表的なものとしては下顎角(俗に言うエラ骨)、頬骨、オトガイ等の形成術があります。
・その中でも特にエラの改善を希望する方が最も多くいらっしゃいます。
・ネットの掲示板や美容整形ブログを見渡してみると、確かに輪郭関連ではエラ骨切りの人気が高いことも頷けます。
・患者さんの希望を具体的に挙げると「シャープな卵型の輪郭」「できるだけ小顔」にしてもらいたいといったカンジです。
・当美容外科が開発したエラ骨切り手術は、斬新なアイディアと劇的な効果を約束する手法として注目を浴び,海外の医学専門誌に掲載されたこともあります。
・さらに世界各国から多くの医師達が右手法を習得しに当美容外科を訪れています。
・エラ骨切りの最先端の手法として世界的に認知されており、ブログでも取り上げられています。
・もちろんエラ骨切りだけでなく、他の部位の輪郭改善手術を数多く手がけており、国内で群を抜く症例数を誇ります

・「エラ」というフレーズについて説明します。
・エラは本来魚の臓器であり人間には無いのですが、エラとはどの部位を指すのかというと、解剖学用語でいう下顎角がエラです。
・クリニックに来院する患者さんのが希望するのは、エラ張りの悩みだけではなく下顎全体をほっそりさせたいことです。
・そのためエラ限定のエラ骨切りを行うことはせず、患者さんの希望に沿う形で下顎骨を広範囲に渡り骨切りと骨削りを実施します。
・ですからエラ骨切りという単語は実際に行われている手術をそのまま反映した言葉ではありません。
・正確に言い表せば下顎形成(下顎骨切り)と呼称するのが適切です。
・ちなみにエラだけを削り切っていく手術は、横から見て段差が残ることが多く、正面から見ると顔の横幅にほとんど変化が見られません。
・したがってエラに限定する手術はやはり推奨できないということになります
△ブログのテーマから逸脱 m(_ _)m

・顔面下3分の1の大きさと形態を決定づける要素に下顎骨や咬筋があります。
・最も大きな影響を与えるのが下顎骨です。
・いわゆるエラ骨切りは下顎角形成術と呼ばれますが、「卵型のほっそりした輪郭」になりたい20~30代の若い方はこのエラ骨切りが適応になることが多いです。
・患者それぞれの下顎骨の特徴を把握したうえで、適応術式を選択すれば術後の効果に満足がおくと思われます。
・咬筋が肥大している場合は、咀嚼した時の咬筋を視診したり触診したりすれば簡単に診断可能です。
・咬筋が肥大しているケースでの治療法は、咬筋切除とボツリヌストキシン注射があります。
・咬筋切除はエラ骨切りと同時に口腔内から行われるのがほとんどで、切除範囲および切除量の正確さが重要です。
・手術前に咬筋の厚さを同定し左右差も把握したうえで、横に張り出した部位を中心に厚みを減らすため電気メスで焼き切りながら深層部から切除します。
・ボトックス注射によるエラ縮小はいわゆるプチ整形として人気があり、右施術の体験談やブログを見つけるのはそう難しくはないでしょう。
・ボトックス注射の効果は長くても半年程度ですが、繰り返し注射を行うことで咬筋が萎縮し長期的な効果が得られるようになります。
・咬筋が発達した方は6回~10回ほど注射を繰り返すことが必要となります

-患者が希望するエラ骨切りとは?
・カウンセリング時、最初に患者さんの希望を聞く時に、会話だけでなく鏡でイメージを実際に確認します。
・希望する輪郭のラインを患者さんに指で示してもらいます。
・そのあとコンピューターによるシミュレーションを行いイメージの摺り合わせが行われます。
・正面フェイスにおける下顎の横側最も突出している点を「エラ」と認識している患者さんが多いみたいです。
・ここでいう「エラ」は解剖学的には下顎骨体部という名称で、あくまで医学用語の「下顎角」とは別なのです。
・美容整形ブログや掲示板でも両者が混同されていることが少なくありません。
・両者の位置関係を医師だけでなく患者も3次元的に把握することが成功へのカギです。
・エラの改善にあたっては正面顔と横顔、それぞれ別々の異なったアプローチによる手術が必要となります。
・エラ張り改善を希望する人の8割以上がにおいて横顔の変化より正面顔の変化を重視しています。
・多くのケースで正面から見た横幅を減少する手術が希望されますが、下顎角部に限定する骨切り手術と切り離して捉える必要があります。
・結論を言えば広範囲にわたって下顎骨を施術し、かつ咬筋切除を検討する必要がでてくるということです

※上記「エラ骨切り ブログ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •