•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


ミッドフェイスリフト

・下瞼にたるみが生じたことで「老けたな…」「疲れ顔だな…」と感じる事があるでしょう。ミッドフェイスリフトはこの箇所を若返らせる手術です。切開場所は下瞼です。マツゲの生え際から慎重に切っていき、下瞼のたるみの原因→頬のたるみの原因を取り除いていきます。
メスを入れるのが下瞼ですのでその辺りに数日間腫れが出ます。時には7から14日間ほど続いてしまう方もいます。ゼリー状のものが白目に出ることがありますが、次第に落ち着いていきます。
切開するので1週間後に抜糸をしなければなりません。手術をする際には、手術の翌週の日程も頭に入れておきましょう。また、術後検診もあります。執刀医から「これで終了です」と言われるまで検診には行きましょう。
「抜糸行くのめんどくさくて近所の眼科でやってもらった」などという発言を2chなどで見ますが、とても無責任な発言です。「わざわざ行かなくていいんだ」と真似して、最後の最後、抜糸で失敗したり傷をつけてしまっては悔やんでも悔やみきれませんよ

娘から下瞼から頬にかけてのたるみ(ゴルゴライン?)がすごいよと指摘されました。最近忙しくて気付きませんでしたが、鏡を見て本当にその通りだと思いました。娘は美容や芸能関係に興味をもっているので私に整形を勧めてきました。娘からクリニックに掲載されているビフォーアフターの症例写真を見せられたとき、恥ずかしながら「こんなに若返ったように見えるなら整形もいいかも」と思った自分がいました。今すぐに手術をするつもりはありませんが、数年後にミッドフェイスリフトをして少しだけ若返った自分を想像すると今から楽しみです。その時にはミッドフェイスリフトの名医をご紹介いただきたく思います

手術後の患部がどのように変化を遂げていくのか事前に知っておきましょう。ミッドフェイスリフトの場合はまず下まぶたが腫れます。麻酔を多目につかった場合には浮腫が出ますので、単純に腫れると言うよりデコボコしたり左右で異なった腫れかたをすることがあります。腫れの影響で目がかすんだりぼやけたりすることがあります。手術の日は運転を控えてください。腫れは1~2週間で治っていきますが、傷はそれより少し時間がかかります。最初は赤みを帯びていて2~3ヶ月くらいで白く目立たないラインになっていきます。2chや相談サイトで「傷跡がきれいに消えた」というものがありますが、正確にはこの表現は間違っています。消えたのではなく目立たなくなったのです。丁寧な縫合であれば自然なラインになりますので、一般人ではまず気付かないと思います。
ミッドフェイスリフト含めアンチエイジングの施術は、術後はもちろん若返り効果がありますが、では施術した患部がこのままずっとタルミやシワを発症させない、とは言えません。施術して数歳若返ったとしても、そこからまた普通に重力で弛んでいきます。プチ整形と違ってちゃんとした手術ですので、ダウンタイム中の腫れなどは少し怖くなるかもしれません。でも必ず腫れや内出血は引いていきますので安心して過ごしてください

ブロガー
もしミッドフェイスリフトを受けてトラブルに遭ってしまったら…まずは落ち着いて状況を把握することから努めましょう。
感染症や後遺症など、健康面に障害がおきているようでしたら執刀医に診察してもらうのはもちろんのこと、大学病院や総合病院など大きい病院も受診しましょう。被害の状況が大きい場合は、手術料の返金や慰謝料請求も考えなければいけません。弁護士などの専門家へ依頼する必要もでてきます。その場合は診断書やカルテなどの資料も必要になります。失敗被害に遭われても美容整形の場合はなかなか公になりません。大事になって周囲に整形したことが知られたくないからです。
しかし、被害に遭われて医院へそれなりの対応を求める方は、まずはご自身の体の様子を考慮しつつ、専門家を含めて証拠集めが必要になります。2chでも失敗した方へのアドバイスなど記されていることもありますが、間違った情報が載っていたり人によってケースが違うこともありますので、直接専門家へご相談してください

※上記「ミッドフェイスリフトを語ろう!」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •