•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


城本クリニックでの鼻自家組織移植法 体験ブログ

<*さん>
は高くしたいんですが、どうしてもプロテーゼをいれることに抵抗があります。プロテーゼって結局異物だから身体が拒否反応をおこすんじゃないかとか、鼻に入れたプロテーゼが皮膚を突き破って飛び出してくるんじゃないかとか怖いんです。なによりもプロテーゼという異物をいれているとなんだかウソをついて生きているような罪悪感に襲われます。それよりも、自家組織移植法の隆鼻術のほうが安心できるんですよね。やっていることは同じなんですが、自家組織はなぜか自分の一部なので安心なんです。
を挿入することに抵抗がある方、ぶた鼻(上向きの鼻)や、だんご鼻など鼻先をスマートに整えたい方に適した治療が、『自家組織移植』です。城本クリニックで鼻の自家組織移植法についてカウンセリングで聞いてきたんですが、軟骨や筋膜、真皮を使うらしいです。自家組織で人工物ではないため、安全性が高いし、仕上がりも自然になるそうです。軟骨、筋膜、真皮であれば組織の定着もプロテーゼより早くて、鼻の中でずれちゃうとか、動いちゃうというリスクもないそうです

<*さん>
城本クリニックの鼻の自家組織移植法で筋膜を使うか、軟骨を使うか、真皮にするかで悩んだんですが軟骨を使おうかと思います。軟骨は移植したあとに他の組織に吸収されにくいらしいです。それに柔らかいし弾力性があるので細工しやすいので最も多くの医院で、隆鼻用素材として使われているらしいですね。中にはブタの肋骨を隆鼻用の素材として使用しているクリニックもあるとか。自分の身体に採取の負担がないとはいえ鼻先にブタの肋骨が入っているというのは抵抗がありいただけません。軟骨を採取するのは耳介軟骨、肋軟骨、鼻中隔軟骨のいずれかになるそうですが耳介軟骨が一番症例が多いようです。
それぞれの軟骨で特徴が違うので、患者の希望の仕上がりを聞いて使用する部位を選ぶらしいですよ

<*さん>
耳介軟骨は鼻の自家組織移植法で使われる骨の一つ。耳の後ろにある軟骨のことですね。耳介軟骨じたい小さいのでたくさんは確保できませんが、採取が簡単で失敗が少なく、隆鼻術のために移植した後も吸収が少ないんですって。細工や加工も骨がやわらかいので簡単で希望の鼻先を作りやすいそうです。問題は、耳介軟骨はもともと曲がっている骨なので、鼻根~鼻背のまっすぐな場所へ移植するには上級技術の加工が必要ということです。鼻尖部の方がこの曲線をそのまま使えるのでぴったりといえます。城本クリニックの耳介軟骨の採取では、耳の後ろの付け根部分を切って、軟骨の一部を切り出します。鼻での自家組織移植法では鼻腔内を3~4ミリ切開し、そこから採取した軟骨を鼻先に移植して縫い合わせます

<*さん>
肋軟骨から鼻の自家組織移植法の素材を採取する方法も最近では一般的になりました。城本クリニックでも肋軟骨移植をおこなっています。肋軟骨の最大のメリットは十分な量の骨を採取できることです。鼻筋の高さを出したい場合は肋軟骨が適しています。しかし採取のために前胸部に切開した傷が残ってしまいますね。肋軟骨とあって、他の軟骨移植より大変な手術になります。他に、城本クリニックでは鼻の自家組織移植法において鼻中隔軟骨の採取も行います。鼻中隔軟骨は量がとれないため高さはあまりだせません。鼻背を薄く高くしたいときや、鼻尖形成などに適しているといえるでしょう。鼻尖形成するときには鼻中隔軟骨を支柱にして移植、鼻尖を高く保ちます

<*さん>
鼻の自家組織移植法で隆鼻術を受けました。城本クリニックでやりましたが、手術の時も、先生や看護師さんが始終優しく声をかけてくれて支えられました。手術は当日帰宅でしたが、麻酔から覚めたときは気分が悪くてまだ起きられませんでした。2時間ほど休憩したらだいぶ元気になりました。手術の後は鏡をみるのが楽しくてしかたありません。ダウンタイムは少し腫れていますが終わってしまえばすっかり大変だったことは忘れています。料金も安くはありませんが、鼻の自家組織移植法を選んで良かったです。失敗しなくてこんなにきれいにしてもらって、友達の評判もとてもいいです。2chで口コミのいいドクターを選んでよかった。城本クリニックの先生、スタッフのみなさん、ありがとうございました

※上記「城本クリニックでの鼻自家組織移植法 体験ブログ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •