•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ形成手術

18歳女性:下顎骨矢状分割骨切り+オトガイ形成手術+人工骨上顎形成術
・私は受け口に悩まされ3年以上にわたり歯科矯正治療を受けていました。
・噛み合わせ自体は改善されたものの、受け口によく見られる下顎の突き出しが治らなかったことに失望しました。
・受け口の改善を期待しクリニックに来院しました。
・噛み合わせだけを治すのであれば歯列矯正治療で十分であったかもしれませんが、受け口という見た目をも改善は十分ではありません。
外科的治療
・可能な限り短期間での治療を希望したので、術前の歯科矯正を行わずに外科的矯正手術を選択しました
・下顎矢状分割骨切を行い下顎を後退させました。
・この状態でも顎の先端(オトガイ)はまだ長く、前方向への突出と左の顎の非対称性が残っていたのでオトガイ形成手術を行いました。
・また上顎の鼻の周囲が特に沈んだようなかんじがしたので、人工骨を用いた上顎形成術を行いました。
術後経過
・本格的歯列矯正治療を手術2週間後に行い、動的治療期間(積極的に歯を動かす場合の矯正期間)は7ヶ月で治療を終了しました。
コメント
外科手術を先に行い顔と口の治療が短時間で完了しました。
もともと上顎はルフォーⅠ型骨切り術でわずかに前に出され、下顎は下顎骨矢状分割骨切り術と組み合わせる手術が適応しますが、負担のない短期間の手術を希望したためそのような手術を組み合わせました

19歳男性:下顎骨矢状分割骨切り+オトガイ形成手術(8mm短縮)
・受け口に悩まされ2年間にわたり歯科矯正治療を受けました。
・噛み合わせは改善されましたが受け口特有の下顎の突出が治らなかったことに失望し、受け口の改善に加えて下顎全体を短くすることを希望し来院しました。
外科的治療
・私は短期間の治療を望んでいたので、術前の矯正手術をせず先に外科手術を行う手順を選択しました。
・下顎骨を下顎矢状骨切開術でバックさせた後、顎の先端(オトガイ)の中間部を8mm中抜きするオトガイ形成手術を行いました。
術後経過
・手術3週間後に本格的な矯正治療を行い、12ヶ月の動的な治療期間で治療を完了しました。
コメント
・手術優先法で顔と口の治療はほぼ1年間で完了しました。
・歯列矯正治療を受けることができるときは、噛み合わせのみならず顔や口の形状の改善がどれだけ得られたかなど歯科医師とよく相談することが重要です

19歳男性:下顎骨矢状分割骨切り
・下顎が小さく上歯が下歯を覆ういびつな噛み合わせのために地元で歯科矯正治療中ですが来院しました。
・術前の矯正治療完了まではもう少し時間がかかりますが、外科手術が本人の希望で行われました。
外科的処置
・下顎骨矢状骨切りで下顎骨を前方に移動させることによって噛み合わせおよび口元の形状を調整しました。
術後経過
・手術後3週目から本格的な矯正治療を行い、6週間の動的治療期間で治療を終了しました。
コメント
・下顎後退症や小顎症などの場合、受け口・下顎前突症と異なり術前矯正期間に歯の動きに伴って顔や口の形状が悪化しないため、サージャリーファースト法で治療する利点はほとんどありません。
・しかし術前矯正中であっても外科手術を行うと、顔や口の形状を早期に改善できる大きなメリットがあります。
・この例では、従来の歯列矯正治療法で治療を開始しましたが、ある程度の補正の途中から手術優先法の概念を導入して治療期間を短縮できました。
・すでに従来の方法で下顎変形の治療を受けている患者のオトガイ形成手術も歯科矯正治療と平行して行うことが可能です

※上記「オトガイ形成手術」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •