•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


エラ骨切り リッツ美容外科

・小顔にするための整形手術としてリッツ美容外科が行っているのは、プチ整形と呼ばれる脂肪溶解注射のBNLSや、ボトックス注射、脂肪吸引のほかに、今回説明するエラ骨切りなどのメスで切開する本格的輪郭形成手術があります。
・一口に小顔整形といっても、単に骨など削って小顔にするわけではなく、鼻を高くしたり、顎を尖らせたりしてのっぺりした顔の印象をなくし、立体的に見せる手術もあります。
・そうなってくると顔にメスを入れてデザインする、少々大掛かりな小顔整形手術が必要になり、上記プチ整形より大幅に費用が高くなることになります。
・ですが顔が大きいことに深刻に悩んでいたり、あこがれの小顔になりたい強い希望のある人が、本格的な小顔整形であるエラ骨切りに踏み切ることはむしろ当然といえるでしょう。
・人生は一度きりであり、理想の小顔でこれからの人生を前向きに過ごせるのなら素晴らしいことだと思います。
・だからこそ失敗はゆるされないエラ骨切り、その施術内容やおおよその費用、安心と信頼のアフターフォローを行ってくれるオススメの美容外科クリニック(リッツ美容外科など)をご紹介していきます

・小顔整形を検討していらっしゃる方の中には、顔が特別大きいわけではないものの、今ひとつフェイスラインが気にくわない、引き締まった印象を与える小顔にしたい、頬や顎など特定のパーツにコンプレックスがある、そういった方も多いかと思われます。
・まずは骨を削るアプローチの前に、輪郭をシャープにし横顔Eラインを美しくみせ小顔の印象を手に入れる小顔整形手術に関して紹介しようと思います。
・小顔整形は正面顔だけでなく横顔のラインを考えることが大切です。
・側面から見て鼻先・口先・顎先を結んだラインをEラインといいます。Eラインが直線に近ければ近いほど理想的な横顔といえます。顎周辺が崩れていると美しいEラインになりません。
・下唇が上唇よりも突出していると、横顔のみならず正面の印象も左右されますし、フェイスラインに大きな影響が出ます。
・のっぺりした横顔、締まりのない丸顔やメリハリのない顔に見える、シャープなフェイスラインにならない・・そんなときはリッツ美容外科のエラ骨切りや顎削り、頬骨切りといった小顔形成をすることにより、以前より整った小顔にフェイスラインに改善出来ます

・理想の形の輪郭に改善し、どこから見ても小顔の印象を与えるための施術はやはりエラ骨切りや頬骨切りといった輪郭形成手術でしょう。
・最終手段とでもいいましょうか、最も大がかりでかつ最も効果的な小顔整形手術はやはり骨に直接アプローチする輪郭形成手術だと思われます。
・例えばエラ骨切りなどはエラ骨そのものを小さくすることで小顔を目指す手術です。
・骨削りや骨切りは、顎が長い、エラ張り、頬骨が突き出ているなどのコンプレックスがある人が選ぶことが多い手術でもあります。
・リッツ美容外科の骨削りや骨切りで長年のコンプレックスを解消して美しい小顔になりましょう!

※上記「エラ骨切り リッツ美容外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •