•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨形成

頬骨形成とは
・目の下方の頬骨が突出しすぎていると、優美でなく女性らしさにも欠け、男っぽいゴツい印象を与えがちです。
・頬骨の突出にも色々あって、頬骨が前方に隆起している場合、横方向に突き出ている場合、頬骨弓が横に出ている場合、複数の突出が組み合わさる場合等があります。
・頬骨形成術は頬骨が突き出ている部分を削ったり、内部に転位させることで突き出した頬骨を改善する手術です。
・口の中の上顎粘膜を切開して頬骨と上顎骨を露出させ、頬骨の前面および側面を部分的に電動バーで削っていきます。
・横方向に張り出している頬骨を引っ込める場合は、耳の前を切開しそこから頬骨弓を削ったり、あるいは頬骨弓を内方転位させて横幅を縮小させます。
-口外法(経皮切開)
・事前検査としてレントゲン撮影やCT検査を行います。
・まずは全身麻酔を施し、耳の前部のもみあげ後ろを切開し、そこから頬骨の突出部分を削ります。
・皮膚に若干傷跡が残りますが毛髪で隠れるため問題ありません。
-口内法(口腔内切開)
・事前検査は口外法と同様です。
・全身麻酔を行い口の中を切開してアプローチ、頬骨の出っ張った箇所を削って小さくします。
・操作は口の中を切ってそこから行うので傷跡は外からは見えません
口コミのテーマから逸脱 m(_ _)m

-頬骨形成の施術情報
・頬骨が前に張って突き出している状態、あるいは横に張っているため顔が大きく見えてしまう悩みを解消できる治療法です。
・口の中を切開して、特殊な器具を使用し頬骨を削ります。
・口の中を切開するので傷跡は表に現れません。
・頬骨の張り出した顔は男っぽい印象を与え、また頬がこけて見えることにより老けている印象を与えがちです。
・顔全体のバランスを考慮しうえでその人に最もマッチしたデザイン設計をしますので、一度頬骨形成のカウンセリングを受けてみて下さい。
・施術時間: 約1時間
・麻酔:静脈麻酔ないし気管内挿管による全身麻酔。麻酔代が 別途必要になります。
・治療期間(ダウンタイム) :口コミによれば最低でおよそ7日間、最高で1ヶ月
・圧迫固定: 1週間
・抜糸: 1週間目
・腫れ: 大きい腫れが約1週間続き、顔に馴染むまで約1ヶ月です。疼痛が3日間程あります。
・入院の要否: 3~5日間必要
・洗顔化粧シャワー等の制限: 抜糸の翌日から解禁

-頬骨形成治療詳細
・軽度な頬骨改善なら頬骨形成は口の中からのみ行います。
・中程度以上の場合、頬骨の横幅も減らすことでスッキリした小顔になります。
・頬骨の前方への突出を改善するためには、口腔内から頬骨の突出部分を特殊な道具を使用して骨削りします。
・同時に顔の横幅(頬骨の側面への突出)を小さくするには、耳の前のもみあげ部を数mm切開して頬骨弓と呼ばれる部位を骨切りし、口の中からも頬骨の突出部分の後方の骨を切り骨を移動させて顔の幅を狭くします。
・各人の骨格に合わせた微調整が可能です。
-頬骨形成当日
・頬骨形成は全身麻酔下で行われ、手術に要する時間は約3時間です。
・身体に極力負担がかからない全身麻酔によって、術後の早期回復がはかられるため日帰り手術も可能です。
・遠方から来院した患者さんはその日に飛行機や新幹線等で帰宅するのは控えて下さい。
・予想もしなかった腫れが起こった場合に対処するため、頬骨形成当日はいつでもクリニックに来院できるエリアで過ごして下さい。
・手術当日の夜は通常都内のホテルに宿泊します。
・手術翌日には遠方から来院した方でも帰宅可能です。
・入院施設を備えた口コミで評判のクリニックなら1泊入院も可能です。
・もっとも宿泊については患者の希望が最優先となります

-頬骨形成後の来院
・手術から7日目に、こめかみ切開部を縫合している糸の抜糸のため来院します。
・術後10日から2週間後に口腔内の縫合糸の抜糸のため来院します。
・その後の術後検診は1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月後の流れになります。
・中には術後検診に行かなかったという人も口コミや体験談を読む限りちらほらいるようです。
・縫合に溶解糸を使用している場合は、自然吸収されるので抜糸が不要となり来院の必要性は必ずしもありません。
-頬骨形成の術後経過
・おおよその腫脹は2週間程度となります。
・むくみが完全に無くなり、厳密な意味でフェイスラインが完成するには少なくとも3ヶ月を要し、口コミでは半年以上かかった人もいます。
・術後フェイスバンテージによる圧迫を2週間ほど行います。
・下瞼周辺をに内出血が起こる可能性があるものの、もし内出血が出た場合であっても通常1~2週間ほどで内出血は消失します。
・口腔内で頬骨の骨切りを行うと頬部に知覚鈍麻が発生することがありますが、感覚が若干鈍い程度なのでほとんど気になることはないでしょう。約1ヶ月すれば回復します。
・術後口を開けづらくなることがありますが、リハビリとして術後1週間から自主的に開口訓練を行うことで速やかに回復します

※上記「頬骨形成 口コミ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •