•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


頬骨形成 クリニック日比谷

クリニック日比谷の顎・エラ・頬骨形成術の特徴
・顎、エラ、頬骨形成を行うクリニック「クリニック日比谷」に関して、治療の特色や担当する医師の基本情報等をまとめて紹介します。
・クリニック日比谷は最新式の世界最高峰の技術を取り入れつつ、常に研究と研鑽を重ねた経験豊富な医師が手術を担当しており、患者さんの希望を可能な限り実現させる治療がモットーです。
手術方法や治療効果に関して事前カウンセリングをしっかりと行い、患者さんとの間に信頼関係を構築することを何より重要視しています。
できるだけ患者に負担がかからない治療計画を提案します。
-クリニック日比谷の頬骨形成の特徴
・手術で用いる薬剤と器具は高品質の安全性が高いものだけを使用し、衛生管理を徹底したうえで治療を行います。
学会へ積極的に参加し、常に最先端の技術を導入します。
新たな治療法を導入する際は医師自ら体験して、信頼に足るものだけを提供するようにしているとのこと。
クリニック日比谷では大掛かりな骨切りを要する頬骨形成手術は、患者さんの負担の点からあまり推奨せず、ヒアルロン酸やボトックス注射で修正する治療法を推奨しているようです
-クリニック日比谷の口コミ・評判
・頬骨とエラが張った顔に悩んでいたのでクリニック日比谷のカウンセリングを受けました。
・当初はエラ削りや頬骨形成の手術を考えていましたが、相談したところボトックス治療で効果が出るとのことです。
・ダウンタイムの問題もあったため結局ボトックス治療を受けたんですが、思ったより効果が出てくれて、フェイスラインがだいぶスッキリしたと思います。
・骨を切ったり削ったりした方が効果が出たのかもしれないですが、今の結果には満足できたので良かったです

・こんばんは皆さん。
・エラ削りや頬骨形成といった輪郭形成は全身麻酔下で行う大がかりな手術なので、各種リスク・副作用・合併症の問題があります。
・主なリスクは、
①術後の腫れと痛み
②術後の痺れと麻痺
③気道閉塞で窒息
となります。
・①顔面の骨を削る手術であるため、どうしても術後腫れや痛みが強くでてしまいます。
強い腫れが1、2ヵ月程続き、腫れが完全に引くまでに6ヵ月はかかります。
・さらに骨を削った後かなり強い痛みを伴うことがありますし、食事や喋るだけでも痛むことがあります。
・②輪郭形成手術で骨を削るとき、近くを走っている神経を傷つけてしまう場合があるため、術後痺れや知覚麻痺が残えう危険性があります。
・ちなみに顎削りやエラ削りではおとがい神経、頬骨形成の場合は眼窩下神経と呼ばれる知覚神経を損傷させる可能性があります。
・③顎削りやエラ削りの術後は気道周辺に腫れが大きく出るため、稀に気道閉塞が起こり呼吸が困難になるケースがあります。
・殆どの場合手術当日に発生するパターンなので、術後1~2日間は医師が常駐する施設に入院することを強く推奨します。
・万が一窒息しても、すぐに医師が気管内挿管を行うことで大きな事故を防止できます。
・小顔を希望する方は、まずエラボトックスやイタリアンメソシェイプといった比較的リスクが低い治療を行い、その結果に満足できないならリスク覚悟で輪郭形成手術を行うという段階を踏んでみてはどうでしょうか
△クリニック日比谷のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「頬骨形成 クリニック日比谷」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •