•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ形成 顎変形症

オトガイ形成(顎変形症改善手術)
・通常と異なる変形した顎を一般に顎変形症と呼びます。
・長い顎は水平骨切りで、左右に幅広く大きな顎は両側面から骨切りすることで細いシャープなラインに改善します。
・しゃくれ顎に対しては顎骨削り、奥に引っ込んだ顎に対しては顎骨切りで前に出すことで美しく自然な下顎ラインに仕上げます。
・顎変形症を改善する上記オトガイ形成は口腔内から行われるため顔に傷跡は残ることがないですし、溶ける糸を縫合に使用するため改めて抜糸する必要がありません。
・ここではオトガイ骨切りを紹介します。
・美容整形には豊胸や脂肪吸引やフェイスリフトなど色々な施術がありますし、優れた技術を持つ医師もも数多くいらっしゃいます。
ですが結局は患者の事をきちんと考えて最後まで責任を持ってくれる医師やクリニックを選ぶ事が大事です。
オトガイ形成はあなたが幸せを掴む切っ掛けになるかもしれないです。

小顔にしたい人は、普通は頬骨やエラ、オトガイを小さくすることが多いですし、これ以上小さくするのはまず不可能です。
ですがこれらの方法を組み合わせ小顔にしても、オトガイを小さくし過ぎたため二重顎になってしまったとか、エラ部分の張りが消えフェイスラインがぼやけた、自分が思うほど小さくならなかった、といった不満を持つ方がいます。
確かに骨を切り削って小さくすれば、サイズ自体は小さくなるでしょうが、持って生まれた自然な造形美が損なわれてしまい、かえって不自然に見えてしまうことが多いのです。
こうしたトラブルを避けつつ顎変形症を治療できる優れたオトガイ形成術が存在します。その手術とはルフォーⅠ型骨切り術および下顎矢状分割骨切り術です。
これらのオトガイ形成術はとても高い技術を要するので一般的な方法ではないですが、顔下半分を小顔にする最も強力な手術法です。

・まず鼻の下で上顎を水平骨切りします。
・これで上顎骨全体を自在に稼働させることが可能となります。
・上顎を後ろに下げるとその分だけ小顔になり、同時に余分な上顎骨を切除すれば顔全体を短縮することもが可能です。
・移動させた上顎に合うように下顎を移動させるオトガイ形成術が下顎矢状分割骨切り術となります。
・上記2つの手術を同時に行うことで顔下半分をある程度までなら移動させることが可能となるため、面長の人、顔の下半分が大きな人、ガミースマイルの人といったような様々な顎変形症に適応します。
・上顎の短縮だけを行い下顎はやらないというのは駄目です。
・顎関節を支点にして下顎骨が回転することから、上顎を短くすれば合わせるかたちで下顎が咬む方向へと回転してしまいます。
・そうなると顎関節が支点であるため下顎骨が前方へと移動します。
・上顎骨をそこへ合わせていかなければならないため、必然的に上顎骨を前方へ移動することになります。
・すると結果的に顔面の下半分は短くなっても、前方に出ることになるので小顔にはなりません。
・さらには上顎骨が前方へ移動することで小鼻が前方へ押し出され横に広がりができてしまいます。
・上顎を短くしたいのならば下顎骨も必ず骨切りして後方へ下げる必要があります。
・こうすることではじめて顔の長さを短縮すると共に顔下半分を小顔に見せることが可能となるのです。
・なお上顎の前方移動は行わないため小鼻が横へ広がってしまうことはありません

・オトガイを短縮する中抜きというオトガイ形成法は顔を短く見する一般的な方法として知られていますが、オトガイが長い人は実際はあまり多くないのです。
・本当は上顎骨が長い顎変形症であるのに、難しいため仕方なくオトガイを短くして誤魔化しているのです。
・このやり方では顔のトータルバランスが崩れますし、二重顎の元凶にもなります。
・繰り返しになりますが、顔を小さくかつ短くさせるには、ルフォーⅠ型骨切り術および下顎の矢状分割骨切りが最適の施術です。
・しかし技術的に難しすぎるため、残念なことにこれら手術を行える医者がほとんどいないのが実情です。
・私は警察病院に勤務していた時から上記手術を数多く手がけ、培った経験と技術をオトガイ形成手術に応用してきました。
・各種顎変形症を治療しなおかつ小顔を手に入れたいと希望する方は、ぜひ一度検討していただきたく存じます

※上記「オトガイ形成 顎変形症」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •