•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ骨切り 失敗

-オトガイ形成術
・オトガイ削りは顎先の小さな部分を骨削りします。
オトガイ骨切りは顎先の骨を水平に切り中抜きを行い短くすることで小顔にします。
-オトガイ骨削り
・オトガイ骨削りは面長の原因である顎先を削り短くさせます。
・前に突き出した顎の場合も削ることができます。
・失敗を極力避けるためあらかじめ術前検査を行っておきます。
・全身麻酔+局所麻酔を行います。
・口腔粘膜を切開します。
・粘膜下の組織を離開させます。
・筋肉と骨膜の切開を行い剥離します。
・下顎骨頤部を露出させます。
・オトガイ部の骨削りを行います。
-オトガイ骨切り
・オトガイ骨切りは、面長原因である顎の先端部の骨を水平に骨切りし骨片を中抜きすることで顎の長さを短縮します。
方法
・一部オトガイ骨削りと同様の操作を行います
・下顎骨頤部を水平に骨切りします(必要に応じ頤部の垂直骨切りも行います)。
・トリミングの為断端を削ります(必要があれば骨移動や骨削りを行います)。
・ワイヤー・プレートで移動させた骨を再び固定します

-オトガイ骨切り
・骨格から小顔になって綺麗になりたい時、医学的に骨へアプローチすることが出来ます。
・骨の手術は痛い・怖い・失敗するといったイメージを持つ方がいらっしゃる思います。
・しかし骨自体は生命維持には関係がないので、外科的には解剖学をきちんと理解している限り骨を切ったところでそれほど大きい危険が出るわけではなく、よほどのことがない限り失敗することはないといえます。
・当クリニックはデザイン面を最大限重視しつつも、綿密な診察と検査を基に適切な診断を行うことで、オトガイ骨切りの失敗を無くし成功へと導きます。
-術式の詳細
・全身麻酔下で下歯茎の柔らかいところを3~4㎝くらい粘膜切開し、ついでに粘膜下の組織も切開します。
・顎の筋肉は歯根側に付着している部分を残して切り離します。
・顎筋の下を剥離し骨膜を露出させてから切開を入れます。
・骨膜を剥離しつつ顎神経を同定させ、これで部分的にオトガイ部の骨が露出します。
・術後に麻痺の後遺症などの失敗が起こらないよう、顎の神経より5㎜以上離れた箇所に骨削り線を設定し、下方にもさらに骨切り線を設定します。
・この骨切り線を基準にオトガイ骨切りを行います。
・各種筋肉は可及的に温存されます。
・骨髄から生じた出血を止血処置します。
・下顎骨をトリミングして形を調整します。
・切断した骨片をチタンプレートなどで固定します。
・断端をカバーするよう骨膜を戻して顎の筋肉を縫合します。
・粘膜下、粘膜の順で縫合しオトガイ骨切り終了です。
・外部より圧迫固定し安定させます

※上記「オトガイ骨切り 失敗」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •