•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ骨切り

オトガイ骨切り 評判

<*さん>
オトガイ骨切り
・口腔粘膜を一部切開します。
・粘膜・筋肉・骨膜を剥離させます。
・下顎骨頤部を水平切断します。
・複雑法の場合は必要に応じ頤部に垂直切開を加え、骨を移動させます。
・顎骨断端をトリミングするため削ります。
・ワイヤー、プレートを用いて骨の再固定を行います。
・メス切開創を糸で縫合します。
・術後数回来院が必要です。
・オトガイ骨切りの料金は調整の内容によって異なってます。
・詳細はクリニックへご来院のうえでご相談ください。
・オーソドックスな術式の場合低コストで行えますが、複雑なアレンジが加わった高度な手法の場合はワイヤー・スクリュー・プレート・替え刃のタイプが変わるためコストがかさむため料金に幅がでます
評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

-オトガイ骨切り
・骨格のレベルで顔を小さくして可愛くなりたいときに、骨にアプローチする輪郭形成手術が最も適しているともっぱらの評判です。
・ここで骨をいじる手術と聞くと、「危険でこわい」という印象を持つ人が多いかなと思います。
・ネットでもことさらにリスクやデメリットばかりを強調する口コミや評判が散見されます。
・しかし骨は生命を維持する装置の内臓器官ではないので、外科的に骨の内部を走っている血管の処理という問題はあるものの、体表解剖と局所解剖をきちんと解っていれば、骨切りといえど大きなリスクがあるわけではないのです。
・とくに顎骨は顔面骨の末端部分であるため、解剖学的にみれば比較的簡単な箇所にもかかわらず、オトガイ骨切りによる小顔効果は大きいのです。
・全身麻酔と術後の回復に関しても、手術を受ける方々は基本的に健康であるということや、医学医療の近年の著しい進歩、全身麻酔後の十分なリカバリーを取ることによって、入院は必ずしも必要ではありません。
・もしもオトガイ骨切り後に呼吸管理が必要となったとしても、酸素濃縮器や人工呼吸器を常備し、設備を完備している巷で評判のクリニックなら問題はありません

・オトガイ骨切りの術式の詳細を以下で説明します。
・下準備として全身麻酔下で術野に局所麻酔(エピネフリン入り)を注射します。
・下の歯茎下部の柔らかい箇所の粘膜を3~4㎝ばかり切開し、粘膜下の組織も切開します。
・頤筋はマーキングしてから歯根の側の付着部を温存し筋腹にて切り離します。
・頤筋下を剥離させてから骨膜を露出し、そこから骨膜を切開していきます。
・骨より下唇下制筋および口角下制筋の付着箇所をまとめて骨膜を剥離しつつ、頤神経を固定することで骨か部分的に露出します。
・頤神経から5㎜以上は離したうえで骨削りラインの墨出しをします。
・この骨切り線に沿いつつオトガイ骨切りを行います。
・頤舌骨筋や顎二腹筋付着部などはできるかぎり温存させ、同時に骨髄出血の止血処置をします。
・顎舌骨筋や頤舌骨筋、顎二腹筋の付着部が弱くなったら補強するために縫合します。
・切断面同士を合わせ骨髄性出血を処置します。
・骨をトリミングして形を整えていきます。
・チタン製のプレートやワイヤーで切断骨片を固定させます。
・骨膜を戻して頤筋縫合を行い粘膜下、粘膜の順に縫合しオトガイ骨切りは終了となります。
・腫れを抑えるため圧迫固定を行います。
・複合オトガイ骨切りの場合、水平骨切りを行う前に垂直骨切りを行い、前後左右に骨片を移動させ固定させます
△評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「オトガイ骨切り 評判」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •