•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


オトガイ骨切り 酒井形成外科

酒井形成外科のオトガイ骨切り術
・中抜きのデザインをするにあたっては、オトガイ神経孔より5~6㎜ほど下に設定しなければいけません。
・オトガイ神経が穴から下5㎜くらいの場所を走っているためです。
・一般的に中抜きする骨片は5㎜~10㎜の厚さで切除します。
-酒井形成外科のオトガイ水平骨切り・中抜き
・ボーンソーを使用して水平骨切りを行い中間部の骨を中抜きします。
・中抜きされた骨はブーメラン構造をしています。
・可能な限り顎を短縮させたい場合は中抜きはせずに水平に切断します。
-顎を少し出す場合
・骨片を少し前にスライドさせてからワイヤーにより固定します。
・軟部が後方に付着しているので血行は良くやがて骨同士が癒合します。
・水平切断のみ行う場合は、オトガイ筋肉群が後退する結果二重顎になりたるみが生じやすいため、オトガイ筋肉群が付着している骨膜に糸を引っ掛けて、骨にくくりつけ固定させることによりたるみを防止します。
ー酒井形成外科の側方削り
・医療用のノミを使って側方の顎骨を切除します。
・丁寧に行わないとスッキリとした輪郭に仕上がらず、顎の横に不自然な出っ張りが残ってしまいます

-症例
・左側の下顎骨が肥大しているため、オトガイ骨切りの際は左側を長めに切除しています。・骨片の厚さは8㎜ですが、骨切りを行う際ボーンソーの使用で骨くずが一定量生じるので、実際は10㎜程度の短縮となっています。
・骨の内部は海綿体状になっており、術後ここから出血がしばらく続くので、ドレーンを挿入して血抜きし一泊入院で安静にします。
-酒井形成外科のオトガイ骨切り術
・長い顎・短い顎・小さい顎など、人の顎には様々な悩みが存在します。
・韓国だと尖ったシャープな顎が好まれていますが、日本だと自然なライン(U字形)の顎が好まれることが多いようです。
・よって現在の自分の顎の状態を正確に把握したうえで、オトガイ骨切りでどんな顎になりたいのかを医師にどれだけ詳しく伝えられるかが成功のカギとなります。
・またオトガイ骨切り後の皮膚のたるみを気にする方が多いのですが、酒井形成外科ではたるむ心配の少ないオトガイ骨切り術を行っております。
これまでのVカット方式は、切開時に神経を損傷するおそれ、術後に二重顎が発生するおそれがありました。
・酒井形成外科の変形オトガイ骨切り術は、筋肉を剥離することなくオトガイ骨中央部を小さく切開して、たるみを予防しつつ弾力あるVラインに仕上げます。
・以下の特徴を有します。
*オトガイ長を伸ばすことによってVライン効果
*筋肉剥離が無いためたるみが発生しない
*追加で切開する必要がなく腫れや痛みが軽減される
*縦と横の長さのバランスがよい
*手術時間が短く日常生活に早期に復帰可能
*酒井形成外科の技術が集約されている、満足度と安全性が高い手術

■酒井形成外科のオトガイ骨切り術・手術過程
-T字オトガイ骨切り術
・丸みを帯びた顎のラインをシャープにさせるためT字形に骨切りを行います。
・先端骨片を中央に寄せます。
・両側に飛び出ている骨を削って滑らかになるよう整えます。
-変形T字オトガイ骨切り術
・短くて丸い顎をT字形に骨切りして中央部の骨片を切り取ります。
・骨片をオトガイ先端部に設置し、オトガイを縮小するのと同時に長さを伸ばします。
・突き出た余分な部分を削って整えてVラインを仕上げます。骨同士の間に生じた隙間は時間経過で自然に癒合します。
-逆V字オトガイ骨切り術
・逆V字形にオトガイ部を切開します。
・中心部骨片を除去してオトガイを縮小させます。
・左右両側の骨を固定した後、顎の横に飛び出た骨を切除します。
-酒井形成外科のオトガイ骨切りが適応するケース
・エラから顎にいたるラインが丸くて幅広い
・平均より長い顎、ないしは短い顎
・エラ張りが無いにもかかわらず顎先が丸いため大きい顔に見えてしまう
・今よりスッキリした滑らかなラインの正面顔を希望する

※上記「オトガイ骨切り 酒井形成外科」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •