•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


共立美容外科で隆鼻術(I字型プロテーゼ)

鼻を高くするには「隆鼻術」です。隆鼻術には、
1・ヒアルロン酸やレディエッセなどの注射によるもの
2・I字型プロテーゼやL字型プロテーゼなど、人工固形物を挿入するもの
3・耳介軟骨移植など自らの細胞を使うもの
と主にこの3種類が有名だと思います。
1番の【注射系隆鼻術】はお手軽にお試し感覚でできるプチ整形です。注射してみて気に入らなくても数ヶ月待てば吸収されてもとの鼻に戻ります。ヒアルロン酸に関しては溶解する薬剤もあるので、早く元に戻したい時には溶解注射を打ってもらいましょう。レディエッセはヒアルロン酸より持続期間が長く溶解注射もありません。切る手術は怖いけど、なるべく長く効果を保っていてほしい人に向いてますね。
2番の【I字型プロテーゼやL字型プロテーゼ】は、麻酔と切開が必要の手術です。プロテーゼは既存の形ですが、削ったりしてその人にあった形状にすることも可能です。I字型プロテーゼは高さ、L字型プロテーゼは高さと鼻先をいっぺんに整えることが可能です。鼻の穴の内側を切るので傷跡が他人に見られることはありません。体内にいれても大丈夫なシリコンを使ってますが、体質によっては拒絶反応を示すかたもいます。
3番の【耳介軟骨移植】は、耳を切って軟骨を取り出し、筋膜で包んで棒状のものにします。それを鼻筋にいれて高さをだす方法です。他の施術よりレベルが高くなりますが、自身の細胞を使っているので拒絶反応は低いです。低レベルの医師が行うと、耳の形を変形させてしまうことがあります。
どの手術を選ぶかは、ご自身のライフスタイル、仕上がりのデザイン、費用などさまざまな面からアプローチして最終的に医師が判断してくれます。隆鼻術で有名なクリニックと言えば、ヴェリテクリニックや高須クリニック、大手では城本クリニックや共立美容外科、大塚美容外科でしょうか。それぞれ先生方の個性やこだわりもありますので、自分がなりたい鼻のイメージに最も近づけてくれる先生を選えらんでください

ハーフの人のような鼻筋がとおった顔に憧れます。目頭切開と眼瞼下垂で目を大きくしたのでますます隆鼻術で鼻を高くしたくなりました。どのくらいの高さが一番いいかとかは医師と相談して決めたいです。高さだけでなく小鼻や鼻尖も手術が必要でしたら検討します。クリニックの症例写真やブログにアップされた画像とか見て思ったんですが、L字型プロテーゼよりI字型プロテーゼのほうが控えめですよね?私はどっちかというとガッツリやりたいのでL字型プロテーゼのほうが良いかなと思ってます。でも鼻先から突き破ったとか聞くので怖いっちゃ怖いです。鼻を専門にやられてた石田先生は引退されたみたいなので、それに匹敵する先生を知りたいです。ちなみに目は共立美容外科でやりました。満足してますけど、共立美容外科の鼻手術の評価はどうなんでしょうか?

共立美容外科のI字型プロテーゼによる隆鼻術は、患者さんの鼻の特徴を生かして根本と鼻先を使い分けています。鼻の根本(本体)は硬い骨で、鼻先は軟骨にて形成されています。そこに一定の材質だけで作られたプロテーゼを挿入しても自然な仕上がりにはなりません。共立美容外科は本来の骨にあわせて仕立て直したものを挿入しますので、より自然に高さを出して整えることに成功しました。鼻の手術はやりすぎると不自然になります。この不自然さは他人にも「なんか変」と映るので、相手の視線が自分の鼻を見てるんじゃないかと、常に気になってしまうかもしれません

※上記「共立美容外科で隆鼻術(I字型プロテーゼ)をした結果」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •