•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アーチ・インフラクチャー法 ブログ

アーチ・インフラクチャー法とは
・アーチ・インフラクチャー法は、頬骨を切り動かすことで患者が希望するフェイスラインを確実に生み出すことが可能な方法です。
・頬骨弓部と呼ばれる薄い頬骨部分を切除し、内側に移動させて輪郭を細くし小顔効果が得られます。
・頬骨削りでは改善効果がみられなかった方に推奨される頬骨形成です。
・(一般的な頬骨削りのメリットやデメリットは当ブログを参照)
・金属プレートやワイヤーで固定することはしないため、アレルギー反応のリスクがない反面、人によって固定がスムーズにいかず術後移動させた頬骨がずれてフェイスラインが歪むといったリスクもあります。
-アーチ・インフラクチャー法のメリット・デメリット
・顔を正面から見た時横に大きく見えることに悩む方に適す方法です。
・頬骨が横に出っ張っていることで、顔が幅広で角ばって見えるためきつい印象を与えがちです。
・口の中を切開してから行なう手術なので、傷跡が外から見えません。
・アーチ・インフラクチャー法は美容整形手術の中でも大掛かりな法の一つです。
・すると失敗の可能性や後遺症のリスクは避けては通れない問題です。
・修正手術が行われる場合がありますが、受けるにはいくつかの条件があります。
・まずダウンタイム中には修正手術は受けることが出来ません。
・少なくとも数ヶ月経過後に担当医から許可がおりれば修正手術が可能です

-小顔頬骨整形で輪郭をシャープに
・頬骨が大きく出っぱっていることにコンプレックス抱く人は意外にも多いようです。
・日本では一般的に卵型の小顔が美人の条件とされることが多いので、頬骨の出っ張りが気になり横顔にいまいち自信が持てないということも珍しくないでしょう。
・そういった悩みから解放されるため、一度小顔整形に商戦してみてはどうでしょう?
・アーチ・インフラクチャー法の治療内容や費用についての詳細はブログにて説明します。
・欧米では頬骨が高いことはむしろ美人の条件と言われてます。
・ですが日本では卵型のなめらかなフェイスラインが高評価なため、「頬骨が出ている」「男顔」と言われるのをコンプレックスに感じる方も多いのです。
・特に横顔で頬骨が突き出ているとゴツゴツした厳つい顔に見えることもあります。
・韓国で美容整形を行った人の体験ブログなどを読む限り、韓国では頬骨整形はよく行われているようですが、日本では実際どうなんでしょうか?
-小顔にする頬骨整形は?
・日本では「アーチ・インフラクチャー法」と呼ばれる方法により小顔頬骨整形が行われています。
・この方法は頰骨の自然なカーブを残しつつ、出ている余分な頬骨を内側へ移動させます。
・全身麻酔の後に口の中を数㎝切開し、そこから頬骨を露出させ骨削りを行います。
・耳の下を1.5㎝程度同時に切開し、特殊な器具を使用して頬骨を切除・分離させます。
・手術時間は約2時間で比較的簡単な手術です。
・術後は固い物は食べない、頬づえをつかないといった注意点はありますが、約1ヶ月程度で回復します

-アーチ・インフラクチャー法の費用は?
・全身麻酔で行われる手術であることから費用も割高であり、大体100万円から130万円前後が相場といったところです。
・術後数日間入院するケースもあり、その場合さらに費用がかさみます。
・また年齢的によっては術後に肌がたるむことが予測され、その場合は同時にリフトアップ手術が推奨されます。
・リフトアップ費用が別途必要になることも想定しておきましょう。
-アーチ・インフラクチャー法のデメリットは?
・前述したとおり、余分な頬骨が無くなって骨格が小さくなったぶん、付着していた皮膚が余りたるみが現れる可能性が考えられます。
・また骨切りの際、骨の近くを走る顔面神経を損傷し術後麻痺が残るといった後遺症もあるようです。
・術後大半の人が軽い痺れや麻痺を感じますが、通常は時間経過で徐々に薄れていくのですが、ごく稀に永久的に麻痺が残ることもあるようです。
・輪郭の改善効果が大きいですが、それだけ合併症のリスクも大きい印象です。
・そして一度骨切り手術を行った頬骨は基本的に元には戻せません。
・カウンセリングとシミュレーションを丁寧に行ってくれる名医を選んでアーチ・インフラクチャー法を行ってください
△ブログのテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「アーチ・インフラクチャー法 ブログ」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •