•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


アーチ・インフラクチャー法 横浜エーブクリニック

Q
・大きく張っている頬骨の悩みを何とかしたくて、スマホで検索した結果横浜エーブクリニックアーチ・インフラクチャー法のことを知りました。
・腫れが少なくてすみ、なおかつ手術したことが周りにバレにくいことが特徴、とあるんですが、個人差によれでしょうがどの程度腫れるんでしょうか?
・また包帯だとかバンテージは数日間顔に付けっぱなしにしなければいけないんでしょうか?
A
・おっしゃるように腫れに関しては個人差が大きいのですが、頬骨というのは比較的腫れが生じにくいパーツですから、平均して1~2週間程度経過すれば人前に出ることができるかと思われます。
・術後3日間はご指摘の通りフェイスバンテージを装着しますので、その間は仕事は休まねばなりませんし、同居人に内緒なのでしたらしばらくホテル等に宿泊するのがよいかと思われます。
Q
・アーチ・インフラクチャー法は体への負担がかかることはありませんか?
A
・どのような手術であれ身体へは多少負担がかかり、アーチ・インフラクチャー法でも若干の負担がかかりますが、あくまでも一時的なものにすぎません

Q
・以前他院で受けた頬骨切りの際に体内に入れたチタンプレートが気になるため、この機会に除去しようと思いその美容外科に連絡したところ、手術から数年経過したを理由に断られました。
・プレートの除去はそれほどリスクが高く難しい手術なんでしょうか?
A
・横浜エーブクリニックへお越しいただき、レントゲン撮影含め実際に診察しないことには何ともいえませんが、プレート除去手術自体はさほどリスクのある手術とも思えません。
・年数が経過したことを理由に手術を断るというのも釈然としませんが、プレート除去自体は行わなくても安全面や健康面で問題はありません
Q
・横浜エーブクリニックのアーチ・インフラクチャー法について何項目か質問したいと思います。
・頬骨弓を移動する際、口腔内アプローチだけで可能か?
・頬骨に付着する筋肉や皮膚を剥離せず移動させることは可能か?
・内側だけでなくやや上方で固定させることは可能か?
・固定に使用する素材はレントゲンに写るチタン以外に何があるか?
A
・アーチ・インフラクチャー法において頬骨弓を内方移動させるためには頬骨の両端が可動しなければいけません。
・そのため口腔内に加えて耳前もみ上げ部からのアプローチとなります。
・骨切りを行う部位以外はできる限り筋肉や皮膚等の組織は剥離せず操作します。
・よって術後ほとんどたるみは出ません。
・可能かどうかは患者様の頬骨の形状に依存します。
・レントゲンに写ることのないナイロン糸で固定することは出来ますが、なにぶん安定性に欠けるため術後固定した頬骨がずれるおそれがあります

Q
・わたしは頬骨が横に出ているせいでコメカミが窪んで見えてしまい、さらに前方にも突き出しているので本当になやんでいます。
・今裏側矯正を行っている最中なのですが、仮に口の中を切開して手術するなら、矯正器具が邪魔になったりするのでしょうか?
A
・横方向だけでなく前方向にも張り出したタイプの頬骨を改善するにはアーチ・インフラクチャー法が適していると思われます。
・横浜エーブクリニックの手術方法ならば歯列矯正器具を装着した状態でも特に問題はありません。
Q
・アーチ・インフラクチャー法のダウンタイムの長さはどれくらいですか?
・失敗や後遺症でたるむ心配はないんでしょうか?
A
・ダウンタイムについては個人差がありますが、アーチ・インフラクチャー法は腫れが比較的少ない手術なので、大体2週間程度もすれば人前に出ることができるでしょう。
・マスクを装着すれば1週間前後で可能なケースもあります。
・技術的に失敗することはまずありませんし、加齢の影響は多少ありますがたるむことはあまりありません

※上記「アーチ・インフラクチャー法 横浜エーブクリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •