•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯


・歯並びはそのままで出っ歯だけ治療したいんですが、美容外科と矯正歯科のどちらが適しているでしょうか?
・歯並びが悪い人が矯正歯科に通うという印象があるので、出っ歯は治せないのではないかと思いましたので。

・出っ歯も歯並びが悪い症状の一種です。
・出っ歯が深刻になると口が閉じづらくなってしまい、見た目の問題だけにとどまらず、口の中が乾燥し虫歯や歯周病、口臭といったデメリットが発生します。
・また口呼吸が行われることで、空気中に漂う菌に感染するリスクがも高まります。
・歯科矯正治療で出っ歯を後退させることで口を閉じやすくする結果、健康の増進に繋がることとなります。
・美容外科も口腔外科も同じ結果になりますが、一般的に美容外科は顔の見た目の改善を主目的とする治療であるのに対し、矯正歯科は咬む働きの改善を重視する傾向にあるといえます。
・噛み合わせが悪いと顎関節症の原因となり、全身の健康状態にも何らかの影響をおよぼすと言われるため、出っ歯を矯正すれば身体にとって良い影響が期待できるはずです

-出っ歯・受け口の修正
・口腔外科的な手法においても切る手術と切らない手術があります。
・切らない手術であるプチセットバック法は、出っ歯の症状が軽い方、ワイヤー矯正で改善効果が見られなかった方、骨切りという大掛かりな手術に抵抗を持つ方に適しています。
・切る手術であるMWO法は、オーソドックスな手法を基本とした効果が高い方法で、出っ歯の確実な治療を希望する方に適しています。
-プチセットバック法
・骨切りを行わなくても、歯槽骨だけを後退させることにより出っ歯を改善できることがあります。
・出っ張った部分の歯を抜歯し、歯槽骨を再形成したうえでセラミックによる矯正を行います。
・出っ歯を改善させたい患者様の希望から誕生したセットバック治療です。
・骨切りは行わず老け顔になりません。
・腫れや痛みは少なくてすみ、入院や長期ノダウンタイムは不要です。
・セラミック治療と組み合わせることで歯並びや色。形状まで美しくなります。
・ワイヤー矯正で出っ歯が改善しなかった方の再治療にも適しています

-出っ歯改善(上顎前歯部歯槽骨後退術)
・上顎の両側4番目の歯を抜歯してできたスペースの分だけ、骨切りを行い上顎を後退させます。
・仕上げにはセラミックを併用することで歯並びも美しく改善させます。
・出っ歯(上顎前突)ではガミースマイルである場合も非常に多いのですが、そのようなケースにおいてもセラミック併用は有効な改善策となります。
-上顎前突症
・俗に出っ歯とよばれる変形した歯並びをいいます。
・上の前歯が前方へ突き出しているので、ぶつかった時前歯を損傷したり唇を切ってしまたりすることがよくあります。
・上の前歯や上顎が前方に突出した場合と、下顎全体やオトガイ部のサイズが小さく、かつ後退しているため相対的に前に出て見える場合とがあります。
・永久歯が全て生え揃った後に前から四番目の歯(第1小臼歯)を抜歯して治療する場合が多いです

・抜歯を伴う治療により、出っ歯や受け口などの症状が改善され良好な口元になります。
・また抜く歯は大臼歯であったり前歯であったりという非定型抜歯の場合もありえます。
・さらには抜歯せず治療する場合もあります。
・下顎の成長が残っている年齢の方に対しては、下顎成長を促進することを期待する治療を行う場合があり、下顎が前方へ成長した場合は抜歯する必要が無くなることもあります。
・これまで広く行ってきた上顎大臼歯の遠心移動は、ヘッドギアの長時間の装着が必須であり、患者に多大な負担を強いる治療方法であったため敬遠されがちでした。
・現在の治療法はインプラントによる矯正で、上顎の歯列を後方移動させることが可能な場合もあります。
・もっとも下顎骨自体に後退が見られる場合は、仮に上顎の歯を抜歯して咬み合わせだけ改善したところで、理想通りの顔立ちに仕上げることは困難なのです。
・咬み合わせだけではなく顔立ちの改善も考慮した治療法(下顎骨前方移動法、上顎前方歯槽骨骨切り等)を選択すべきです。
・正面顔の上顎歯の先端や咬合平面が傾いていて、唇を閉じた際口角が右上がりないしは左上がりになってしまい左右非対称の表情が作られてしまうケースもあります。
・上記症状を改善させるには、上下顎の移動術の実施が必要です。
・またオトガイが未発達、すなわち前方への突出具合に乏しい場合は、オトガイ形成術やシリコンによる顎整形も併せ考慮することとなります

※上記「出っ歯」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •