•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯

出っ歯の治療:施術内容
・出っ歯の治療にあたっては上顎骨の分節骨切りを行います。
・上顎の左右第1小臼歯を抜歯して歯槽骨も切除します。
・できたスペースを利用し前歯6本を歯茎ごとスライドバックさせてチタンプレートにより固定し、下顎の歯との噛み合わせを調整します。
・一般的な歯列矯正だと出っ歯が治るまでに2年から3年かかりますが、上顎分節骨切りなら短時間の操作で改善できるため、評判の高い治療法です。
・さらに治療にあたっては上顎だけにとどまらず、額・鼻・口元・顎先までをバランスよく考慮し、あらかじめセファロ分析や頭蓋骨模型を基に診断し、綿密なデサインの治療計画を立てます。
-おすすめの方
・出っ歯を改善したい
・突出た口元を奥に引っ込めたい
・上品で洗練された口元になりたい
・出っ歯を短期間で治療したい
・高い効果が期待できる評判の治療を受けたい

<*さん>
-上顎前突(出っ歯)
・いわゆる「出っ歯」と呼ばれる症状の治療には、上顎分節骨切り術が適しています。
・上顎の4番目の歯(第一小臼歯)を左右それぞれ1本ずつ抜歯し、そうしてできたスペースに前歯6本分を後退させていきます。
・反対咬合の手術と同様に、術後の腫れはさほど大きくはなく、手術にかかる時間はおよそ2時間となります。
・メリットおよびデメリット、口コミや評判に関しても下顎分切骨切りとほぼ同様となります。
・この手術が適しているのは、上顎前突症や出っ歯、ガミースマイルの症例です。
・この手術法の長所としては鼻中隔に直接アプローチ可能なため、鼻中隔軟骨の湾曲を防止できること、血流が豊富な口蓋粘膜の骨膜弁であるため骨壊死がほとんどおこらないこと、などが挙げられます

■出っ歯を改善できると評判の骨切り術
-切開
・上顎歯肉頬移部の5㎜ほど上方に向かって、左右両側の骨切り予定位置まで水平に粘膜骨膜の切開を進めます。
-剥離
・唇側の粘膜および骨膜を骨切り範囲だけ剥離して、上顎骨を露出させます。
・通常は小臼歯を抜歯して、その前方部において鼻腔底粘膜の剥離を行ないます。
・また硬口蓋の骨切り予定部では、抜歯箇所から骨膜剥離子を使用し、出血を考慮し最小幅で剥離していきます。
-骨切り
・切除する予定範囲で骨にマーキングをし、ラウンドバーを使用して骨切りを行います。
・まずはじめに小臼歯を抜歯した箇所の歯槽骨を切除します。
・次に梨状口から後方に向かい上顎骨を切除して、さらに左右歯槽骨を切除します。
・骨ノミで鼻中隔を切り離しますが、長さが顕著な場合は下端の切除も行います。
・硬口蓋のV字剥離箇所から口蓋粘膜を保護しつつ、ラウンドバーで口蓋骨の切り離しを行ったうえで、上顎骨の前方を手動で下方向に骨折させます。
・骨折させた後上顎骨の移動量に沿ってトリミングを行いなめらかにします。
-固定
・上顎骨を予定した位置に指で動かし、上下の咬み合わせの適正を確認します。
・上顎の歯列を左右2本ずつチタン製ミニプレートを用いて固定し、出っ歯治療は終了します

・上顎骨の前方部を色々な方向に動かせるため、適応する症状は多く、特に上顎骨前方部を後方または上方に移動させることに優れているため、理想的なフェイスラインを生み出すことが期待されます。
・骨をトリミングすることが簡単で、骨も縫合しやすいので後戻りの心配もほとんどありませんので、評判は悪くない手術です。
・欠点としては3,5番目の歯の間に隙間ができてしまうことで、この隙間が気になるなら歯科治療(歯列矯正やセラミック補綴)が別途必要とになります。
・また鼻翼幅が拡大するおそれがあえい、予防のため最後に鼻翼間の縫合を行います。
・さらに出っ歯の方は同時に上口唇も厚い方が多く、手術の効果で唇が薄くなり少し老けた印象になる場合があります

-上下セットバック(出っ歯と受け口の同時施術)
・全身麻酔で行なわれ、抜歯した後唇側の歯肉から縦に切開を加えて骨膜を剥離し、切開部骨膜下にトンネルを作り、梨状孔や上顎骨前壁等を露出させます。
・オシレーティングを使って歯槽部の垂直骨切り、および梨状孔水平骨切りを行うことにより、ピラミッド状に上顎骨を骨切りします。
・骨ノミで抜歯箇所の歯槽骨をボックス型に切除した後、その空きスペースから口蓋骨の水平骨切りを行います。
・指で前歯部の骨片を可動させ、必要のない骨断端部を取り除き、骨片を移動させ安定を確保します。
・下顎でも同様に抜歯したのち唇側粘膜~歯肉頬移行部に垂直切開を加えて、骨膜を剥離してからオトガイ孔を確認します。
・切開部より骨膜下に向かってトンネルを開通させ、下顎下縁に至るまで骨面を露出させます。
・オシレーティングソーで歯槽骨をボックス型に水平骨切りします。
・下顎の前方部の歯槽部骨片が可動した箇所で上下の前歯の咬み合わせを改善させます。
・チタン製のマイクロプレートで上下それぞれの顎に前歯部の歯槽骨を固定します。
・骨切りの際に出た骨の細片を骨切り部の断端にできた隙間に充填し埋め合わせます。
・最後に粘膜縫合を行い、骨切りを行った部分の歯に極細ワイヤーを結びつけ顎内固定を図ります
△評判のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「出っ歯 評判」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •