•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯

・口コミや2chなどの掲示板でもお馴染みの悩みである「出っ歯」は上顎骨の分節骨切り術により改善させ、かつ整った綺麗な口元にすることができます。
・矯正だと通常は1~2年必要ですが、骨切りならわずか1日で出っ歯を治療することが可能なのです。
・抜歯を行いできた隙間に前歯を倒す歯科矯正の方法と似ているのですが、その効果は似て非なるものといえます。
・歯科矯正による出っ歯の治療では前歯を内側に倒してしまうので、横顔ラインに対して歯の角度が無くなってしまい、バランスが非常に悪くなります。
・上顎分節骨切りは、上顎骨の最前部を後方移動させることで抜歯の隙間を埋める方法であるため、横顔ラインに対し歯の角度が変わらずごく自然な口元に仕上がります。
・上顎だけでなく、額から鼻、口元、そして顎先に至るまでの全体ラインのバランスを考慮しつつデザインします。
・上顎だけ後退させればよいか、下顎も一緒に骨切りした方がよいか、鼻や目とのバランスは大丈夫かなどを考えます。
・手術前にはセファロ分析や咬合模型をベースに診断を行い、患者に最適となる綿密なデサインと治療プランを立てます。
・輪郭系の手術の中では、比較的腫れが少なく回復も早い手術です。
・施術時間:約180分
・麻酔:全身麻酔
・腫れ具合:比較的織穏やか
・ダウンタイム:1~2週間
・抜糸:14日目(基本的には抜糸を行う)


・出っ歯が悩みなのですが、どういった手術で治療するのですか?

・上顎前突症(出っ歯)を治すには、上顎分節骨切り術を適用します。
・左右4番の上歯を抜歯して、できた空間に前方6本の歯をまとめてスライドバックさせて、なおかつ下顎歯との噛み合わせを整える手術です。
・上顎だけの改善だけでなく、額・鼻口元~顎先までのバランスが非常に重要です。

・出っ歯であることに加えて、笑った時歯茎がむき出しになります。

・上顎骨が前方に突出しており、なおかつ縦にも長いため、笑った時歯茎が見えてしまう症状をガミースマイルと呼びます。
・ガミースマイルに対しては、上顎分節骨切り術の他にLeFortI型骨切り術が適応されます。

・術後は流動食でなければいけないのでしょうか?
・2ch などを見ると手術翌日から固形物を食べたという書き込みもあったので詳しく知りたいです。

・術中および術後の合併症の心配も殆ど無く、固定に関してもワイヤーなどで上下の歯を連結する必要がありません。
・よって熱いものや堅いもの、刺激物を1~2週間ほど避ければ、翌日から通常食を召し上がっても構いません


・出っ歯を治す骨切り術は、術後の固定が必須なのでしょうか?

・歯と歯の間をワイヤーにより固定します。
・歯間固定は3~6か月経過後に取り除きます。
・骨の固定はチタンプレートで行い、基本的に除去はしません。

・術後の歯列矯正は必要となりますか?

・歯の位置を動かす外科的な矯正手術は、術後に歯列矯正ないしは歯の隙間の補綴が必要になる場合があります
△2chのテーマから逸脱 m(_ _)m


・腫れはどれくらいでしょうか?口コミや体験談、2chを見る限り人によってまちまちのようですが。

・顎の骨切り手術は大きな腫れが長期間続くと不安になる方も多いでしょうが、骨格系の手術では、顎の骨切りは一番腫れが少なくて回復もわりと早い手術なのです。
・目立つような大きな腫れは1週間前後で引きはじめ、むくみは多少残るものの術後2週間もすればほぼ落ち着きます。
・仕事に関しては休みを1週間ほど見積もるのが無難でしょう。

・出っ歯手術の痛みはどの程度ですか?

・全身麻酔で手術が行われますから無痛です。
・個人差があるものの、骨の手術の痛みは思いの外小さいので、処方する鎮痛剤で抑えることが可能です

※上記「出っ歯」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •