•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯 モニター

出っ歯や受け口の修正→セットバック法
・重度の出っ歯や受け口の症状は、上顎骨や下顎骨の歪みが原因である場合があります。
・原因である骨を切り移動させることで症状を改善する方法がセットバック法です。
・上顎や下顎単独で、あるいは上下顎まとめての治療が可能です。
モニター患者の症状によってはセットバック手術後に歯列矯正ないしはセラミック矯正を必要とする場合があります。
・当院では矯正歯科と連携し治療を進めます。
-上顎の悩みは美容外科に相談
・口元が盛り上がっている・出っ歯・ガミースマイルといった上顎に関する悩みは、ルフォーⅠ型骨切り術を行うことで解消させることが可能です。
・上顎骨を骨切りし適切な位置にスライドさせることで、症状を改善しなおかつ美しい口元に仕上げます。
・大学病院では口腔外科で行われる手術ですが、美容外科クリニックでも受けられます

-上顎骨骨切り術(LefortⅠ型骨切り)
・歯列を残しつつ上顎骨を骨切りして切り離し、上顎全体を後退させて新しい位置に固定する手術です。
・この手術で治せる症状としては、出っ歯・ガミースマイル・口元全体の突き出しが挙げられます(モニター症例写真参照)。
・噛み合せ障害の治療として一般的に口腔外科で行われますが、見た目を美しくさせる美容的治療として一定数のクリニックで実施される手術です。
・口の中から粘膜を切開し上顎骨を露出させて、上前歯の歯列を残しながら骨を切断し上顎全体を可動させ、適切な位置に後退させて固定する手法です。
・上顎の位置を自由に変えることが可能であり、美容外科で行われるLefortⅠ型骨切りは、美しさも追求することが可能です。
・モニター患者の様々な要望に応えつつ、自然で美しいフェイスラインに仕上げます。
・顎変形症の治療ならばLefortⅠ型骨切り術に保険が適応される場合もあり、単に出っ歯を治し噛み合わせを正常にするだけならそれでもよいでしよう。
・もっとも大学病院で行われる手術は2~3週間の入院が必要となり、術後に顎間固定を行うためしばらく食事は流動食になるなど様々な制約があります。
・この点美容外科で行うLefortⅠ型骨切りは基本的に入院が不要で、わずらわしい顎間固定も行いません。
・それ以上にフェイスラインを美しく仕上げることができるのが最大のメリットでしょう。
・オトガイ形成や下顎骨切りも同時に行えば、出っ歯の改善にとどまらず美しい口元と整ったフェイスラインを手に入れることが可能なのです

※上記「出っ歯 モニター」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •