•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯 写真

・私は突き出し口(出っ歯+受け口)を治すため、美容外科手術のセットバックを受けました。
・輪郭形成や両顎手術の口コミ体験談や症例写真は結構ありますが、突き出し口(出っ歯+受け口)の治療についてはあまり無いため、私と同じ悩みをもつ方の参考になるかと思い自分の症例写真を交えつつ体験談を書くことにしました。
・整形前の写真を見てばわかると思いますが、突き出し口が原因で常に口が開きっぱなしで、おまけに出っ歯のせいで前歯がのぞいた状態です。
・手術から3週間後の写真では、腫れはまだ残っていますが口元は次第に改善されてきていることが見て取れます。
・セットバックから4ヶ月後の写真では、意識せずとも口がしっかり閉じていますね!
・セットバックから8ヶ月後の写真では、口元が変わるだけでイメージががらりと変わることがよくわかります。
・目とか鼻の整形は全くやっていないにもかかわらずです。
・整形する前は出っ歯や受け口を気にするあまり、人に顔を見られることが苦痛だったんですが、今はどの角度から見られても全然平気です。
・もちろん写真を撮られることにも抵抗はありません

・美容外科のセットバックという手術に興味があります。
・以前に出っ歯を治すため歯科矯正をやったんですが、噛み合わせは改善しましたが口元の盛り上がりが残ったままで、今度は受け口気味の見た目が気になり始めました。
・不格好な口元は小さい頃からのコンプレックスなので、解消するにはセットバックしかないと思っています。
・外科矯正は顎変形症と診断されない限り難しいですし、噛み合わせが改善された今となっては認めてもらえないでしょう。
・とある美容外科で手術を受けようと思っていますが、セットバック後の歯科矯正治療が必要とHPに書かれていました。
・ですがネットで調べると、術後歯列矯正せずそのままの人もいるみたいです。
・その美容外科で行う歯科治療は、上下セットバックの後計8本の歯をセラミックにするそうです。
・素人考えですが、治療代がかさむだけのような気がします。
・3番と5番の歯まで削る必要があるんでしょうか?
・無理に削るくらいなら部分的に矯正するやり方があるのでは?と疑問に思います。
・普通の歯科医院ではセットバック後の術後歯科治療は行ってもらえないんでしょうか?
△写真のテーマから逸脱 m(_ _)m

・上顎を小さく短くする手術を行ったモニター患者さんです。
・当クリニックで手術する前に、出っ歯治療のため大学病院の口腔外科でセットバック手術を行なっています。
・その際上顎骨の処理が不完全だったため、顎と唇の間に鋭角的な段差が不自然にできてしまいました。
・今回は段差を修正すると同時に上顎を短くさせ出っ歯を完全に解消させる手術を行います。
・前に出すぎた顎は男性的で厳つい印象となり、女性らしさや可愛らしさに乏しい顔立ちになりがちです。
・さらにオトガイ幅が太いことも多く、より一層男性的な印象が強調されてしまいます。
・このようなケースでは、単に顎を短くするのみならず、横幅も併せて縮小させる必要がでてきます。
・セットバックで不自然な段差ができてしまう原因は、歯の矯正のみ重視した結果、術後の外観を考慮しなかったからです。
・具体的にいうと、骨の段差処理をおろそかにしたり、骨と骨の間の隙間を放置したまま手術を終えたということです。
・出っ歯や咬み合わせを改善するため歯の位置および顎骨の位置を修正することに関しては、口腔外科は確かに優れています。
・ですがルックスを変化させることに関しては、美容外科に比べ美的センスが乏しいように思えます。
・この写真(当院での手術前)をみる限りでは、機能面の改善という点では口腔外科でのセットバック手術は成功といえるのでしょうが、美容外科の観点からは失敗だと思われます

※上記「出っ歯 写真」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •