•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


出っ歯 ザ・ホワイトデンタルクリニック

-上下顎セットバック
・上下顎セットバックは、上下左右の4番目の歯をそれぞれ抜歯して余剰スペースを作成し、前歯6本分を上と下の歯茎の骨ごと後退させる手術です。
・セットバックはあくまでも通称で、正式にはASO(前方分節骨切り術)と呼ばれます。
出っ歯や受け口、口元のこんもり感を改善させる外科的矯正手術の一種です。
-固定はチタンプレートで
・前歯6本分の歯槽骨を後方にスライドさせて適切な位置に固定します。
・歯茎の中での固定にマイクロチタンプレートを使用します。
・チタンは安定性に優れ人体に無害な金属なので、抜去する必要は基本的にはありません。
・チタンプレートの詳細を知りたい方はのザ・ホワイトデンタルクリニックのHP、ブログをご覧になってください。
-歯茎外側はワイヤーによる固定
・歯茎の外側はスチール製ワイヤーで固定します。
・抜歯した4番目の隙間を挟み、3番目と5番目の歯の根元をワイヤーで括り固定しています。
・上述したスペースは術後3ヶ月経過したらセラミッククラウンで埋めていきます。
・患者様から「ワイヤーが目立ちませんか?」といったご質問をされることがあるのですが、さほど目立つことはないため心配はいりません

・出っ歯の治療では歯の根元をワイヤーで固定しますのでそれほど目立つことはありません。
・せいぜい唇の端にわずかに見え隠れする程度です。
・むしろ抜歯を行った4番目の隙間のほうが目立つほどです。
・歯列矯正装置と比べればほとんど目立たないと思われます。
・1ヶ月程度でワイヤーを外すところもあるみたいですが、ザ・ホワイトデンタルクリニックでは2〜3ヶ月は固定させるほうが安全性が高いと考えております。
・ワイヤーを外し終えたら、ザ・ホワイトデンタルクリニックと提携している歯科医院で術後矯正治療をスタートさせます。
・歯科矯正治療の目的は、①抜歯したス空間を埋めること、②噛み合せが適切になるよう前歯6本分の歯列を調整することです。
・出っ歯手術後の歯列矯正にあたっては、ザ・ホワイトデンタルクリニックではセラミッ
・ワイヤーによる矯正と比較して歯の形状やサイズを自由できるため仕上がりの完成度が高いというのがその理由です

・ザ・ホワイトデンタルクリニックが行う骨切りや骨削りには、エラ削り・出っ歯を治す上顎骨切り・口元のセットバック・Vライン形成・頬骨切りなど様々ですが、基本的に術後入院する必要ありません。
・ただし手術直後は顔が腫れており、全身麻酔の効果がまだ残っていますのでくれぐれも体調には気をつけて下さい。
・翌日に診察があるため、クリニックから家が遠い方は、近くのホテルへに宿泊することをお薦めします。
・ザ・ホワイトデンタルクリニックの周辺にはホテルがいくつかあるため便利です。
・宿泊の予約をとる際には、近辺のホテル一覧をまとめたページをご覧になって下さい。
・また手術後帰宅時には、エントランスまでタクシーをお呼びします。
・ザ・ホワイトデンタルクリニックで扱う手術は、さほど侵襲度は大きくありません。
・したがって基本的に入院はせず自宅やホテルで安静になさってください。
・「エラを削って小顔になりたい」「顎を引っ込めたい」「出っ歯を骨格から直したい」など、フェイスラインを骨格のレベルから改善させたい方は、一度「ザ・ホワイトデンタルクリニック」の無料カウンセリングにいらしてください

※上記「出っ歯 ザ・ホワイトデンタルクリニック」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •