•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック 耳介軟骨移植

山本クリニック耳介軟骨移植の概要
・鼻先に自分の耳の軟骨を移植することで鼻先を高くしたり、下方向に延ばすことを可能にします。
・鼻先をプロテーゼで高くしようとすると皮膚から飛び出す危険があるため、自己組織(耳介軟骨)を採取して鼻先に移植する方法によって高くします。
・軟骨を移植する向きを調整しれば、鼻先の高さを出すのみならず、鼻先が上を向いて豚鼻に見えるアップノーズを解消させることが可能であり、小鼻に比べ鼻先が奥に引っ込んだ無様な外観も改善することができます。
・山本クリニックでは患者様の鼻の形状や希望する仕上がりに応じて鼻先の高さの程度および方向を細かく調整します。
・鼻中隔延長術ほど鼻先を伸ばす効果はないものの、耳介軟骨移植だけでも鼻先を十分高く美しく仕上げることが可能です。
・鼻先のラインが少しでも変化すれば鼻全体のバランスが整い、バランスが整えば鼻の穴や小鼻もそれだけ目立たなくなります。
・なお耳介軟骨移植と鼻尖縮小術を併用することにより、鼻先の形状をより一層美しく整えることが可能となります。
・耳介軟骨移植だけではかえって鼻先が大きくなってしまう場合もあり、そういった場合鼻尖縮小術で鼻先を細くすることにより鼻先を小さく細くできるのです。
・また鼻尖縮小術により鼻翼軟骨を寄せることで、軟骨を移植する土台が強固になるため高さやラインを効果的に出しやすくなります。
・逆に鼻尖縮小術を検討している団子鼻の方は鼻先が上向きであったり低かったりすることが多く、鼻尖縮小術オンリーではアップノーズがかえって強調されることがあります。
・耳介軟骨移植で鼻先を斜め下方向に出せばバランスのよい鼻先に仕上げることができます

-山本クリニックの耳介軟骨移植の手術の流れ
・クローズ法で手術を進めます。
・通常は鼻尖縮小術と一緒に行うことが大半で、最初に鼻尖縮小術で左右の鼻翼軟骨を中央に寄せて土台を整えます。
・次に耳から耳介軟骨を採取し鼻先に移植する軟骨の作成を行います。
・軟骨の形が浮き出ることのないよう、移植軟骨の角を斜めにカットしなめらかにしておきます。
・また馴染みやすいよう移植軟骨に網目状の切れ込みを入れておきます。
・軟骨膜まで全てカットするとバラバラになるので、裏の軟骨膜を一枚残し軟骨だけに切れ込みを入れます。
・鼻先を伸ばしたい方向のラインに移植軟骨をのせ固定します。
・軟部組織を軟骨上に移植してラインをなめらかにし、鼻先の延長効果をさらに高めます。
・軟部組織は時間が経てば吸収されますが、皮膚と軟骨の間に空間をもたせることで高さを出すのみならず軟骨の形が浮き出ないよう処理します。
・最後に移植軟骨にアンカー糸を通すことで位置ずれが起こらないようにし、またできるだけ延長効果が出るように糸を体外に出し軟骨を引っ張った状態のままギプスで固定します。
・手術から5日後に山本クリニックへ来院していただき、ギプス除去と抜糸を行います。

-山本クリニックに寄せられた患者様からのご質問
Q:耳介軟骨移植は正直かなり抵抗があるのですが、安全なのでしょうか?
A:シリコンのような異物ではなく自分の軟骨なので安全です。吸収されることはほとんどなく効果を長い間保つことが可能です。また仕上がりに不満があれば除去できます。
Q:軟骨を採取した耳の箇所は自然でしょうか?
A:耳の輪郭は変化しないので見た目は変わりません。傷は耳の後ろなのでさほど目立ちません。
Q:耳介軟骨移植と鼻中隔延長とではどちらがいいでしょうか?
A:軟骨移植に比べ鼻中隔延長の方が効果がありますが、鼻先が曲がったり鼻閉がおこるリスクがありますし、鼻の穴の間を切開しなければならないといったデメリットがあります。
強いアップノーズのや、鼻先にかなり高さを出したい方は鼻中隔延長をおすすめします。
鼻先のラインを整え自然な変化で十分という方は軟骨移植が適しています。
Q:耳介軟骨移植は必ず行わないといけませんか?
A:必ずしも必要とはいえませんが、元々が団子鼻の方は鼻先が低くアップノーズの傾向が強いため、山本クリニックでは耳介軟骨移植と鼻尖縮小術を併用するケースが多くなります

※上記「山本クリニック 耳介軟骨移植」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •