•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科でオトガイ骨切り前方移動術

フェイスラインをすっきりさせる手術には、あまった皮膚や脂肪を取り除く方法と、大きすぎる骨を切ったり削ったりする方法のどちらかになります。今回は外科的手術で骨を小さくしてフェイスラインを整える方法についてご説明します。
顎の症状は人によってコンプレックスが違います。長い・短い・割れている・右と左で形や大きさが違う…悩みによって適用される手術も変わってきます。顎の手術は種類が豊富なんですよ。しかも1種類だけでなく、何種類かあわせた方法もありますので、医師は専門的な知識が必要なんです。現在の顎の手術はほとんどが口の中を切開して骨を露出させます。患者さんにとっては腫れと内出血だけで済みますのでありがたいことですよね。大塚美容外科のオトガイ骨切り前方移動術もそうで、口の中からアプローチします。”前方移動”というくらいですか、顎を前に出します。ということは、この手術が適している人は「顎が後退している」「顎がない」と言われる状態であることです。オトガイとは顎先のことを言いますから、切った顎先だけを前に出してあげるのです。出した骨は分裂してますので最初は固定をしなければいけません。固定の器具は医院によって違いますが、レントゲンには映ります。ですので、将来的に怪我や病気でレントゲン撮影をしたときにバレたくないと思っているかたは、骨がくっついたら固定器具は取り除いておくと余計な心配をせずに生活を送れますよ。

大塚美容外科など大手でも手術を受けることのできる輪郭形成手術。エラを削ったり顎を切ったり頬を内側に引っ込めたり、輪郭形成の手術は二重なんかの整形と比べたらレベルが全く違います。二重の手術なんかは、言ってしまえば医師免許を持っていれば内科の医師でもできるレベルらしいです。しかし、オトガイ骨切り前方移動術という手術になったら、医師なら誰でもできるというものではありません。オトガイとは顎の先のことを指すのですが、エラ削りと同じように全身麻酔での手術になります。骨をあつかう手術は、麻痺や痺れなどの後遺症の危険性があるということはよく言われますが、それに加えて「顎の骨の弱体化」の懸念もあるようです。実際に骨を削ったり切ったりしてつなげたりしてますからね。許容範囲内でしたら問題ないでしょうが、中にはチャレンジャーな医師もいまして、オトガイ骨切り前方移動術などでやり過ぎることがあるようです。医師の好みなのか知識がないのか分かりませんが、ありえないほど骨を切り取ってしまい顔貌が不自然になることもあります。そうなってしまうと、仮に名医といわれる医師の修正手術を希望しても、すでにどうにもならない状況に陥っているということもあるようです。そうなってしまうと一生涯の通院を余儀なくされたり、後遺症に悩まされ続ける人生になってしまいます。この手術は大塚美容外科をはじめ、日本国内でも何院かでは行っている手術です。ですが決して安易に病院を決めることのないようにしてください。

オトガイ骨切り前方移動術のようなアゴの手術は、術後に数日間包帯を巻いたり、数週間サポーターによる圧縮が必要なケースがあります。皮膚から剥離した骨をくっつけるため、血液が溜まらないようにするため、理由はそれぞれありますがこういったことがあると日常生活に支障があります。なのでオトガイ骨切り前方移動術などの手術をうける方は、理想では1ヶ月くらいお休みが取れるといいですね。もちろん現代の社会で働いていると「そんなに休めるか!」というレベルです。ですがカウンセリングのときに、ご自分の手術では術後に圧迫固定が必要なのか、必要であればその期間はどれくらいで、仕事には影響があるのか?そういったことまで確認してから受けるようにしましょう。
△大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「大塚美容外科でオトガイ骨切り前方移動術」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •