•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科で頬骨削り

頬骨削りのリスクや危険性、失敗などについて説明します。大塚美容外科で頬骨削りをお考えのかたは参考にされてください。なお、医院のHPには症例画像やモニター写真などがありますのでイメージもつきやすいと思います。手術に関しては基本的なことは同じですが、患者さんによって異なりますので医院や医師の指示に従ってください。大塚美容外科は全国に大塚本院・札幌院・大宮院・横浜院・金沢院・京都院と6院あります。総院長の半田医師を初め、石井医師、札幌院の武田院長、大宮院の加藤院長、横浜院の井田院長、金沢院の緒方医師、京都院の桐渕院長といらっしゃいます。頬骨削りを行っていない分院もあるかもしれませんので、事前にご確認ください。
さて、頬が大きく出ている輪郭は洗練さに欠けた印象になります。また年齢とともに顔の肉や脂肪は重力によって落ちていきますのでそのぶん骨が目立ち、30代を迎えるころに顔の輪郭がゴツくみえる傾向があります。骨が原因による頬の突出は削るなり切るなりするのですが、手術で用いられる麻酔はもちろん全身麻酔です。全身麻酔だと手術の料金も上がりますので注意が必要です。大塚美容外科でも取り扱っている顎の手術は、内容によっては大学病院などの形成外科において保険でうけられることもあります。しかし頬骨削りは保険適応になるケースは少ないので、数十万~百数十万の値段がかかります。
頬骨削りは腫れよりも目の回りに内出血がでることのほうが大きいですので、人によってはそれが消えるまでのダウンタイムが長引くこともあります。これは目に見えたリスクですが、体の内部に関しての最大のリスクは「知覚麻痺や痺れ」です。これは手術の手順から避けて通れないことです。大塚美容外科の医師が手術を行っても必ず痺れは起こると思って下さい。しかし、その痺れが一時的なものか、生涯続くかで名医か下手くそな医師かと別れます。
次に見た目のリスクです。美容整形国といわれている韓国でも頬骨削りの手術やそれに似た手術は数多くこなされています。数多くこなしていると「名医なのだろう」と思われるかもしれませんが、韓国の医療技術はまだまだなところがありますし、手術の経過を公開しているかたのブログを拝見しても、韓国で流行っている雰囲気になることが多いと見受けられます。実際に安さと症例写真の豊富さから韓国で手術を受けても、大塚美容外科で修正手術をされている方が、日本人のみならず中国人にもおります。そういったことからも輪郭といった手術ま多少お金がかかるといっても日本で受けたほうが賢明と言えるでしょう

頬が<>こんな形で出ているので大塚美容外科で頬骨削りをしてもらおうとカウンセリングに行ってきました。担当してくれたお医者さんは半田院長でした。頬骨には切るものと削るものとがあるようですが、私の場合は削るほうでいいと言われました。私は10年前に二重の手術を品川美容外科で受けたことがあります。その時の男性医師も丁寧な対応でしたが、今回の半田先生はもっと丁寧だったように思います。大塚美容外科は芸能人もお忍びで通うと口コミや2chの書き込みであったので、腕は確かなんだろうと思います。手術は大掛かりで緊張しますが、名の知れた美容外科だし大きなトラブルも少ないだろうと思っていますが、こちらでは大塚美容外科の半田先生の頬骨削りはどういった評価をされていますか?とりわけて大きな失敗やクレームがないようでしたら半田先生にお願いしようと思っています

どうしたら優しい印象の顔になれるのかずっと研究していました。髪型やメイク、表情の作り方を調べたおしました。だいぶ改善されたと思うのですが、やっとわかりました。いくらメイクや髪型で補おうとしても、もとの骨格がいかついのでは意味がないと。輪郭手術について説明されてるサイトを読み進めて自分が頬骨が突出していることが分かりました。大塚美容外科のサイトで同じ悩みをもった方が頬骨削りで優しい顔つきになったコメントを見ました。背中を押された気分でした。クリニックは、口コミの評判が高かった大塚美容外科でやろうと思ってます。そこでいくつか気になる点を上げてみます。私は頬骨の影響で顔つきがきつい印象がありますが、そういった人間は頬骨削りだけで見た目の印象は変わるのでしょうか?骨を削ることで将来、骨粗鬆症に陥りやすいなど長期的にみてのデメリットはありますか?古くから定期的にあっている友人や知人には、腫れがひいてから会ったとしても整形したと気付かれますか?この手術で他人が感じる印象はどういったものでしょうか?大塚美容外科の半田先生の評判はどうですか?私としては誠実そうな先生だと思いました。

頬骨の張りは角度によって頬がこけて見えるので、他人から見たら老けた印象をもたれます。軽度の張り出しでしたら化粧などでカバーできますし、チャームポイントとなりますが、大きく頬骨が張り出しているようでしたら頬骨削りをすることを推奨いたします。頬骨削りは費用も回復期間も長いので気軽に踏み切れるものではありません。しかし、毎朝のお化粧時間や何年も気になっていた悩みから解放されることでしょう。メスで切る箇所は、口腔内とこめかみのあたりです。一部表に傷跡が残ることになりますが、丁寧に縫合しますので時間が経てば目立ちません。よーく見ても分からないほどの傷跡にできるお医者様もいます。手術の前には念入りなデザインを作成してくれますので、腫れがひいたら術前後の写真を見比べるのが楽しみになりますよ。突出した頬骨が軽減されると、幼く優しい顔つきになります。顔も一回り小さくなります。時にはその影響から鼻がスッキリと高くなったようにも感じられますよ。
頬骨削りは輪郭を専門的に行っている、リラ・クラニオフェイシャル・クリニックやリッツ美容外科をはじめ、高須クリニックや大塚美容外科、共立美容外科などの大手から小木曽クリニックや銀座フェイスクリニックといった個人院まで行っています。大塚美容外科などは、テレビでも取り上げられたことのある美容外科ですから知っている方も多いと思います。まずはご自宅から近いクリニックにご相談に行かれてみてください。

Q・頬骨削りとオトガイ形成をするときに全身麻酔がかけられるみたいですが、リスクや危険性などを知りたいです。全身麻酔はやったことがないので不安が大きいです。
A・初めて全身麻酔を体験されるかたは確かに不安ですよね。軽い合併症には、目覚めたときの喉の痛み、頭痛、吐き気やめまいなどが挙げられます。中度の合併症には、アレルギーや血圧の異常、神経障害などが挙げられます。重度の合併症には、脳障害、心肺停止、死亡といったことが挙げられます。全身麻酔で怖いのが”死亡”。実際に美容整形における全身麻酔の手術で麻酔が原因による死亡事故も発生しています。
手術を安全に進行させるためにも必要不可欠な麻酔ですが、専門家のもとで行われれば安全です。執刀医が一人で麻酔から手術、なにからなにまでやっているところは危険です。もし自分が手術を託すところが安全な医院かどうか分からない場合は、まずは麻酔科医が手術に同伴してくれるのか、そこから確認してみることをお勧めします。
△大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「大塚美容外科で頬骨削り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •