•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック シリコン隆鼻修正

・2ヶ月前に別クリニックでシリコン・プロテーゼによる隆鼻術と鼻中隔延長手術を受けた20代の女性の患者様です。
・手術の仕上がりに不満があったため、修正手術を行いたいとのことで山本クリニックへ来院なされました。
・診察したところ、鼻先が必要以上に延長された結果、皮膚の圧力に押されて鼻先が左に曲がった状態となっていました。
・さらに鼻先の皮膚も薄くなっていて、移植軟骨のシルエットが鼻先に浮き出た状態もみられました。
・このまま放置すると鼻先の歪曲がますます酷くなり、鼻先の皮膚も薄くなり移植した軟骨のシルエットがさらに浮き出ることが予想されました。
・鼻背から鼻根にかけてI型のシリコンプロテーゼが挿入されていました。
・患者様の希望としては、「プロテーゼを入れた部分の高さは変えなくても構わないが、出過ぎて曲がっている不自然な鼻先を治すとともに、浮き出た軟骨をどうにかして欲しい」とのことでした。
・そのため山本クリニックが行う修正手術としては、シリコン隆鼻修正は行わず鼻先の軟骨を削るだけにとどめました。
・他クリニックの手術は鼻柱の皮膚切開を行うオープン法を採用していたため、局所麻酔下で再びオープン法を行い、鼻先の余剰軟骨を約4㎜削り小さくしました。
修正後は程よい自然な高さの鼻先になり、鼻先の曲がりと軟骨の輪郭が浮き出た状態も解消されました。
・修正手術後の鼻の状態を見た限りでは、最初の手術でプロテーゼ隆鼻術+鼻先への耳介軟骨移植で十分改善でき、鼻中隔延長手術は特に必要無かったと考えられます

・この患者様は他院でプロテーゼ隆鼻術をやったものの結果が芳しくなく、山本クリニックのシリコン隆鼻修正手術を受けたいとの希望で当クリニックを訪れました。
・診察しましたところ、おそらくL型プロテーゼを入れたようですが、はっきりと斜めにズレて挿入されていました。
・またL型プロテーゼの角の部分が上方に移動してきており、鼻先が不自然に上向いた状態とになっていました。
・さらにプロテーゼが骨膜下でなく皮膚下に挿入されていて、固定されておらず触るとぐらついた状態となっていました。
・今回行ったシリコン隆鼻修正は、①プロテーゼをL型からI型へ入替、②鼻先への耳介軟骨移植です。
・患者様は眉間から鼻根部、そして鼻背に至る範囲の高さはそのままに、鼻先の形状を自然な外観に整えてほしいとの要望でした。
・局所麻酔下で前のL型プロテーゼを抜去したところ、鼻根部は約5㎜の厚みがあったため、同様に患者様の鼻の形状にマッチさせるため5㎜厚のI型のプロテーゼを作成しました。
・眉間部分と鼻先にはプロテーゼが入らないよう調整し、I型プロテーゼを鼻根部から鼻背にかけて挿入しました。
・皮下ポケットは利用せず新しく骨膜下を剥離し挿入しました。
・また自然な斜め下向きの鼻先になるよう耳介軟骨移植も行いました。
・手術後は元の鼻の高さや形はさほど変えずに自然な鼻となりました。
・またプロテーゼを骨膜下に入れ直したため、指で触ってもぐらついたりすることはなくなりました

・他院で鼻に入れたプロテーゼの修正手術を希望され山本クリニックに来院されました。
・診察したところ、L型のシリコンプロテーゼが上にずれており、それに伴い鼻先も上に引っ張られ拘縮を起こしていて、俗に言う豚っ鼻の状態となってしまっていました。
・患者様との相談の結果、ずれてしまったL型プロテーゼを抜去し新たにI型プロテーゼと入れ替えるシリコン隆鼻修正術を行うと共に、鼻先に耳介軟骨移植を行うこととなりました。
・左の鼻の穴の内部を切開し、そこからL型プロテーゼを除去しました(なお厚さがある約3㎜のものが入れられていました)。
・縦方向の拘縮を少しでも解消するため、カプセルを必要な分だけ除去しました。
・鼻根部~鼻背にかけ高さを出し、上に向いた鼻先の状態を改善するため、約4㎜高のI型プロテーゼを眉間下部~鼻根~鼻背にかけて挿入しました(なお鼻尖には届かないよう調整しました)。
・続けて鼻先を下に向けるための耳介軟骨移植を行いました。
・シリコン隆鼻修正後は、多少拘縮が残っているため若干鼻先が上向きの印象がありますが、修正前と比較すると鼻先が下向きになったことで豚鼻は改善しました。
・L型のシリコンプロテーゼを使用するリスクとしては、鼻先の皮膚が薄くなったり皮膚を突き破りシリコンが飛び出るといったトラブルの他、時間経過でプロテーゼが次第にずり上がって豚鼻になるという症状もあります。
・山本クリニックでは基本的にL型プロテーゼは使用せず、安全なI型プロテーゼを使用するため上記リスクはありません

※上記「山本クリニック シリコン隆鼻修正」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •