•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック 小鼻縮小

山本クリニック小鼻縮小術の詳細
・大きく広がった小鼻の一部を切除し鼻を小さくする施術です。
・小鼻を小さくすれば鼻の穴や鼻全体が大きく見えることもなくなり、顔全体の印象をもスッキリさせることができます。
・小鼻の大きさだけでなく丸みや厚みが気になっている方、鼻の穴を小さく整えたいし方、スッキリシャープな印象の顔になりたい方にお薦めできる施術です。
・患者様の希望に応えるため、山本クリニックではあらゆる術式やデザインを用意しています。
・あらかじめ念入りにシミュレーションを行い、術後の仕上がりイメージを患者様に確認してもらったうえで、最終的な手技や術式を決定します。
・患者一人一人の詳細な要望やこだわりを具現化します。
・さらに豊富な知識と高い技術力を兼ね備えた山本クリニックの熟練医師があなたの小鼻縮小術を受け持ちますのでご安心下さい。
■山本クリニックの小鼻縮小術の術式
・外からは目立たない箇所を数㎜程切除し、鼻全体のバランスを考慮しつつ慎重に縫い縮めます。
・小鼻のサイズや鼻先の丸みによって外側や内側、あるいはその両方、さらには上側を切除する手法があります。
・どういった切除方法を採用するかは、患者様の小鼻の形状や状態により決定されます。・傷跡は目立ちにくく術後の仕上がりは自然で違和感がありません。
-外側法
・小鼻外側の溝に沿い余剰皮膚および組織を切除したうえで縫合する小鼻縮小術を外側法といいます。
・小鼻の丸みが無くなりサイズも小さくできるため、小鼻が大きく付け根よりも外側に張り出した方にお勧めです。
・傷跡は外側溝部分と重なるため殆ど分かりません。
・ただし小鼻の状態いかんでは外側の上方まで切除するケースもあり、その場合傷痕が小鼻外側の溝からはみだしてしまうこともあります。
-内側法
・鼻の穴の中の組織を余剰皮膚を切除し縫合していく小鼻縮小術です。
・傷跡は鼻の穴の中にできるため、外から見える部分に傷跡が残りません。
・鼻の穴を小さくしたいが、小鼻付け根よりも張り出しがないという方に適しています。
-内側+外側法
・内側法および外側法の二つをあわせた手術です。
・鼻の穴の大きさと小鼻の外側張り出しに悩む方に効果的な小鼻縮小術です。
・傷痕は鼻の穴の内部から外側溝部分と一致して殆ど見えなくなりますが、鼻の状態により外側の上側部分に至るまで切除する場合があります。
・そうなるとやや傷痕が目立つこともあるのですが、時間が経つにつれ殆ど分からなくなります
■手術後に生じる問題と対策
ー小鼻変形の修正
・小鼻縮小はいくらでも可能ですが切除しすぎてしまった場合、鼻の穴が極端に細くなる、指が入らなくなく位鼻の穴が小さくなる、小鼻に丸みがほとんどないといったように、小鼻や鼻の穴の形が変形したり不自然になったりします。
・切除された部分を元に戻すこと不可能であるため、不自然な外観となることのないよう明確に切除範囲を決めておくことが大事です。
・山本クリニックでは小鼻縮小術後の修正手術も扱っております。
ー鼻先が大きくなる
・小鼻を縮小すると鼻先が相対的に大きく見えてしまいます。
・特に団子鼻である方が小鼻縮小術を受けるとますます団子鼻が際だつようになります。
・団子鼻にお悩みの患者様は、小鼻縮小術の前にまず鼻尖縮小術を行い、鼻先を細くした後で小鼻縮小術を受けることをお薦め致します。
-小鼻縮小術における注意事項
・外側法の方が内側法に比べ縮小効果は大きいですが、傷跡が残ることを気にするあまり内側法を選択なさる患者様もいらっしゃいますが正しくありません。
・この選択を間違うと手術効果が見られないばかりか不自然な鼻の形になってしまいかねません。
・いかにも整形しましたというような不自然であからさまな仕上がりにならないよう、小鼻の形とサイズ、切除箇所、切除する量を正確に把握することと、術後の傷跡が綺麗に目立たなくなるように縫合を丁寧に行うことが肝心です。
-手術を受ける際のポイント
・小鼻縮小術は山本クリニックはじめ多くのクリニックで行われる一般的な手術ではありますが、医師によって仕上がりの質や傷跡の違いが大きく、修正手術を希望なさる方も少なくないのです。
・仕上がりに満足できるかどうかは担当する医師の正確な知識、熟練技術、豊富な手術経験がカギになります。
・信頼のおける医師やクリニックに任せることが何より重要です

※上記「山本クリニック 小鼻縮小」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •