•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック 鼻先形成

山本クリニック鼻先形成(鼻尖縮小や団子鼻の修正)の特徴
・団子鼻となる原因は、軟骨が発達していたり皮膚が分厚いなど様々です。
・軟骨が発達した鼻に適した施術が、この鼻先形成による団子鼻修正手術です。
・余剰軟骨を切除することでスッキリシャープな鼻先に改善します。
・鼻先形成の手術は、鼻穴の内部を2cm程度切開し余剰軟骨を切除したのちに縫合します。
・その後ギプス1週間ほど固定し、操作した軟骨の状態を安定させます。
・痛みや後遺症は大したことはなく、効果が半永久的に続くという特徴があります。
・鼻の内側から切開や縫合を行うため傷跡は目立ちません。
-山本クリニックの鼻先形成手術の術式
・鼻先形成は鼻先を細くすることを目的とする手術です。
・正面から見たときに鼻先の横幅が広い、俗に言う団子鼻を解消しスッキリとしたシャープな鼻先に改善することが目的です。
・もっとも団子鼻の原因は実に様々です。
・鼻の先端は、大鼻翼軟骨・外側鼻軟骨・鼻中隔軟骨といった軟骨群で土台が構成され、それらの軟骨の上に脂肪・結合組織といった軟部組織が位置し、さらにその上を皮膚組織が覆っています。
・団子鼻になる原因として、軟骨の形状、脂肪、皮膚の厚みなどが考えられますが、大抵右に挙げた原因が複数かつ複雑に絡み合っているのです。
・したがって鼻先形成を行う際には、患者一人一人にマッチした術式を選び、最適な手術を行うことが求められます。
・以下山本クリニックが行う鼻先形成の術式の大まかな分類につき詳しく説明を行います。
-①横に大きく張った大鼻翼軟骨と脂肪を切除する手法
・鼻先が大きく横に張り出し広がったタイプの団子鼻に対し行う鼻先形成となります。
・オープン法を採用する必要が無いためクローズ法で行われます。
・左右の鼻の穴の内側を切開し、横に張り出した大鼻翼軟骨を切除します。
・必要があれば大鼻翼軟骨に脂肪・結合組織を付着させたままで切除を行います。
・切り取った大鼻翼軟骨は、耳介軟骨や鼻中隔軟骨と違い支持力が弱いので、鼻先や鼻柱に移植するには適していません。
・クローズ法で行われ鼻尖中央部も操作しないため、鼻尖中央部の軟骨~結合組織~皮膚の連続性がキープされパロットノーズ変形が発生しないない利点があります。
・大鼻翼軟骨の横への張り出しが見られなおかつ中央で左右大鼻翼軟骨が離れたような場合、山本クリニックでは中央で軟骨を寄せる手技を合わせて行うこともあります。
-②開いている大鼻翼軟骨を中央で縫い合わせる手法
・鼻先の大鼻翼軟骨が中央で離れた形状の団子鼻に対して行う鼻先形成です。
・大鼻翼軟骨の間に位置する軟部組織をリフトアップしたうえで軟骨間の縫合を行い中央へと寄せます。
・必要があれば軟骨~皮膚間の脂肪と結合組織を切除します。
・クローズ法で行うことも可能ですが、さらに緻密で繊細な手術を行うならば、直視下で全体像把握し操作を行う必要が出てくるためオープン法で行います。
・脂肪や結合組織を切除しすぎて中央で皮膚が盛り上がるように細くすると、パロットノーズ変形が発生するおそれあるため、微妙なさじ加減が重要な術式です。
・軟骨間縫合を頭側まで行なうとパロットノーズ変形が発生するため、鼻尖の仕組みや解剖に未熟なドクターの手術を受けてしまうと失敗のリスクもあります。
・山本クリニックでは経験豊富なベテランドクターしか手術を担当しないためその問題はありません。
・なお大鼻翼軟骨の先端部が開放されていない患者に当術式を行っても効果はありません。
-③大鼻翼軟骨を分離し、中央で縫合する術式
・両側の大鼻翼軟骨をいったん分離させ、内側部分を中央にて縫合する鼻先形成です。
・軟骨縫合で鼻先を前進させたり下へ出すことが可能とよくいわれますが、実際は鼻先の位置を変える効果は殆ど無いことが多いです。
・日本人特有の柔らかい大鼻翼軟骨をどれだけ操作したところで、日本人特有の分厚い皮膚がその上に被さるため効果があらわれないのです。
・軟骨~皮膚間の脂肪・結合組織を必要に応じて切除可能です。
・クローズ法が可能ではありますが基本的に山本クリニックではオープン法で行います。
・細くする際皮膚が中央部で盛り上がるとパロットノーズ変形が起こりやすくなるため繊細な操作が求められる術式となります

※上記「山本クリニック 鼻先形成」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •