•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック 鼻先 修正

山本クリニックの鼻尖縮小術(団子鼻の修正)の概要
鼻先が丸いいわゆる団子鼻をスッキリ修正する整形手術です。
・鼻尖縮小術で鼻先を細くすることで鼻全体が小さく整います。
・鼻尖縮小術のほか、団子鼻修正手術、鼻尖形成術などと呼ばれることもあります。
・団子鼻とは鼻先がまるで団子のごとく丸くボッテリとした状態をいいます。
・鼻先が厚く太いためメリハリが無くなり、ボテッとした鈍重な印象となるばかりでなく、顔全体の印象が野暮ったくなってしまいます。
・団子鼻の原因は主に3つあり、①皮膚が厚い、②鼻翼軟骨が弱くて小さい、ないしは外側に張り出し広がっている、③皮下組織の厚みがある、といった要因です。
・上記原因を解消することにより鼻先をスッキリと修正し、鼻全体の印象を改善させる施術が、鼻尖縮小術や団子鼻修正術と呼ばれます。
・鼻尖縮小術で鼻先を細く修正する手順は以下の3つです。
①鼻先部分の軟部組織を切除する。
②鼻先が細くなるよう鼻翼軟骨を修正する。
③操作した鼻先の軟骨に皮膚をしっかりと固定・圧迫して鼻先の形状を美しく整える。
・これらのポイントを的確におさえることにより綺麗な鼻先に仕上げます。
-山本クリニックの鼻尖縮小術の利点
・鼻尖縮小術以外にも鼻先を細くさせる方法として、BNLSや糸を使う方法もあります。
・プチ整形のBNLSはお手軽ですが、注射時の痛みがありや修正効果がイマイチです。
・軟部組織を除去しないで糸で縛るだけの方法も、切開する手法より効果は確実に劣ります。
・切開する鼻尖縮小術ならば軟部組織を切除したうえで軟骨形成するため効果がはっきりと出やすく、軟骨の後戻りも起こりにくいため修正効果が長期間にわたり続きます。
・鼻先をすっきりさせると顔全体の雰囲気も洗練され、綺麗になった、やせたなどと周りから言われることも多くなります。
・鼻尖縮小を無理のない範囲で行えば、目の整形よりバレにくく、確実活自然な変化となりやすいです。
・山本クリニックでは鼻尖の形成や軟骨の移植はクローズ法で行われます。
・切開は鼻の穴の中で行われるため傷は外からはわからず整形をやったことが周囲に知られにくいです。
-山本クリニックの鼻尖縮小術における腫れやダウンタイム
・鼻先は硬く腫れづらい部分のためギプス除去後はそれほど見た目が不自然になることはありません。
・もっともた1ヶ月程度をピークに硬く収縮するため、一時的な変化は生じますが徐々に馴染み違和感が無くなっていきます。
・毛細血管の血流が活発になり小さな浮腫みまでが引いて完成に至るのは3ヶ月から6ヶ月程度かかります。
・鼻先周辺の皮膚はぶ厚いので内出血はさほど目立たないのですが、鼻周りが若干薄黄色に変色する場合があります。
・もっとも鼻根部の眼球周辺の皮膚は薄いので、プロテーゼ隆鼻術を同時に行うと緑色や薄黄色の内出血が生じる場合があります。
・通常内出血は1~2週間経てば消えていきます。
・術後の痛みはそれほど強くなく、仮に痛みが出ても鎮痛剤で対処できる程度です。
・鼻先の感覚神経に負担がかかるため術後しばらく感覚が鈍くなりますが、時間経過で徐々に回復します。
-軟骨移植を併用すべきか?
・鼻先が低い場合や下方向に長さが足りない場合、団子鼻や鼻の穴が一層目立ち鼻先や小鼻が不格好になります。
・そもそも団子鼻に悩んでおられる方は元から軟骨が弱く小さいため、鼻先が低くアップノーズである傾向が強いことが多いです。
・鼻尖縮小術はあくまで鼻先を細く小さく修正するだけの施術です。
・3D法ならば正面方向にある程度高さを出すことも可能ですが、かわりにアップノーズがひどくなるケースが多いです。
・となれば鼻尖縮小術単独で行うよりも、鼻先を細くしつつそこに軟骨を載せ斜下方向に高さを出し鼻先のトータルバランスをとる方がベターです。
・鼻尖縮小単独が良いか軟骨移植を合わせるほうが良いか自分では判断できないなら、カウンセリングを利用し山本クリニックのドクターにアドバイスをもらうと良いでしょう。
-プロテーゼ隆鼻術を併用すべきか?
・目頭近くの鼻筋部分(鼻根部)が低く鼻筋がハッキリしていないと、鼻先や小鼻がどうしても目立ってしまい不格好で大きな鼻に見えてしまいがちです。
・鼻先だけを細くすることである程度すっきり整いますが、そこに加えてプロテーゼ挿入で鼻根部の高さを出すことにより、鼻根から鼻先までの鼻筋ラインが綺麗に通り、鼻先も整って見えひいては鼻全体のバランスも改善されます。
・また鼻尖縮小術を行うとオウム鼻となるリスクがあるのですが、プロテーゼを入れることで段差が解消され自然でなめらかな鼻筋に仕上げることが可能となります

※上記「山本クリニック 鼻先 修正」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •