•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


自由が丘クリニックでハンプ修正

ハンプ修正とは別名ワシ鼻修正手術とよばれます。ハンプ修正手術は、ワシ鼻で鼻が鼻筋で曲がっていることが嫌な方や高過ぎるのを治したいという方に有効です。ハンプ切除術はどうやるかというと、鼻骨と外側鼻軟骨がくっついていて一番突出している部分をノミで切り落とすことから始まります。ハンプ修正は自由が丘クリニックもそうですが、どのクリニックも片側の鼻の穴の中を切開して術部に達します。鼻の穴の中に傷口があるわけですから傷跡は目立ちません。そもそもワシ鼻の方といのは、鼻骨と外側鼻軟骨が大きく突出しています。なのでもとからハンプが大きく発達している患者のハンプを単に切除してしまうと、切った部分が平らになったり鼻筋が消失してしまうおそれがあります

ハンプ修正は鷲鼻の原因となっている鼻骨と外側鼻軟骨を切って整える施術が基本です。しかし、その場合、ただたんに大きくハンプの外側鼻軟骨部分を切ってしまうだけではきれいな鼻筋にはなりません。鼻軟骨をカットしたのち細工して、カットして平らになった部分にそれを戻すというパターンもあるんですよ。なぜなら出っ張っている鼻軟骨を切除するのみですと、ぺったんこの鼻になってしまいますからね。ハンプの再移植は自由が丘クリニックのハンプ修正においても行われていると思います。これによりより、鼻筋を美しく作ることが可能になります。通常、ハンプ再移植をするときもそうでないときも、手術料金はハンプ修正のときと同じです。自由が丘クリニックですと梶原朋恵医師や鈴木悠花医師などが鷲鼻修正では人気が高いですね

ハンプ修正(ワシ鼻修正)は患者さんがどのような仕上がりのデザインを望んでいるかによって、手術方法がことなってきます。ほぼ真っ直ぐにしたいという場合はハンプ部分の鼻軟骨を除去してならす施術、ややカーブのついた鼻にしたい場合は鼻軟骨を大きく切除しておいて、それを細工して再移植します。少し反った感じの鼻スジを希望される場合はハンプをやはり大きく切除しで、反った鼻の形状になるように横から見ながら削っていきます。このようにハンプ修正にも様々なパターンがあり、正確な技術よ美的センスを持った医師のみがそれをかなえることができます。自由が丘クリニックでいうと有名なのは中北信昭医師でしょうか?ハンプ修正は骨切り幅寄せ手術と同時に行われることが多いです。なぜなら、ワシ鼻修正だけでは横からみれきれいなラインでも正面から見て横に広がった形になってしまうことがあるので、この正面からの見た目の改善に一役買うのが骨切り幅寄せ手術というわけです。幅寄せすることで、鼻が細くなり、横から見ても正面から見ても美しい鼻筋をつくれます

鷲鼻をまっすぐな鼻筋にしたいのですが、ハンプ修正だけまずやって、様子をみて後日、骨切り幅寄せ手術を行うことも可能でしょうか?同時に行われることがおおいようですし、一変にやってしまったほうがコスパはいいのですが、ワシ鼻は治したいけど、鼻が低くなってしまうのは嫌なのでハンプ修正が終わってから検討したいんです。それからわし鼻修正の上手な医師を捜しているのですが自由が丘クリニックの古山登隆医師が2chなどでは口コミが高評価でした。古山先生の評判を教えてください

※上記「自由が丘クリニックでハンプ修正」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •