•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科で鼻尖部耳介軟骨移植術

Q・
失敗についてアドバイスをいただけると嬉しいです。2ヶ月前に鼻のカウンセリングにいったクリニックに鼻尖部耳介軟骨移植術をすすめられました。そこの院長は「私は失敗したことはない、みんな大満足する」と今にして思えばかなり豪語してましたが、手術前の私にはその言葉がとても頼もしく聞こえてしまいました。本当は家に帰ってから手術の予約を入れるつもりだったんですけど、カウンセラーに本日やれば手術代が割引できると言われてついやってしまいました。鼻は希望した状態に近いものにしてもらえましたが、軟骨を採取した耳の傷跡が酷いです。それと軟骨を採取するので若干の耳の変形はあるだろうと思ってましたが、すごく変わってしまったように思えます。手術前に耳の写真は撮ってなかったので比較することはできないのですが、こういった失敗はよくあることなのでしょうか?このままでは美容院に行けないし耳を出す髪型にもできません。まさか自分がこんな事態に陥るとは思ってもいませんでした。家族にも友人にも相談できませんし辛くて食事も食べれない日々です。傷跡と耳の形を治してもらうにはどこの病院に行けばいいでしょうか?
A・
胸中お察しいたします。私も鼻ではありませんが豊胸の手術で失敗した経験があるだけに、質問者さんのお気持ちは理解できます。まず現状の証拠を保存しておきましょう。スマホでもいいので耳の写真は毎日撮っておきましょう。もちろん左右とも。念のために鼻も撮影しておいたほうが良いかもしれません。アップと全体が見えるように。それとクリニックからもらった書類は捨てないでください。もし今後クリニックと接触がある場合にはボイスレコーダーで録音しておいてください。もちろん気付かれないように。あとは他の医者から診断書なりもらえれば良いのですが…。2箇所以上の病院にいったほうがいいです。まずは総合病院などの形成外科(美容外科)で患部をみてもらうことです。あとは鼻尖部耳介軟骨移植術をやっているクリニックです。大塚美容外科さんなどがやっているので、質問者さんの現状についてと治療をするならどんな方法になるのか診察を受けてください。もし手術料の返金や慰謝料請求をお考えならこれらの資料をもって弁護士に相談に行くといいですよ。失敗したことにかかった費用の返金として、他のクリニックのカウンセリング代や交通費もメモっておいてください。

大塚美容外科のこだわり鼻尖部耳介軟骨移植術についてご説明します。
鼻の尖端が上がっていたり反対に下がっていたりすることがお悩みのかたに適した手術です。鼻先の形状を整えるにあたって、既存の細胞だけでは足りない場合に耳から軟骨をもってきて補います。柔らかい耳の軟骨は鼻先の手術に順応しやすいのです。ここに固い軟骨を移植してしまうと、鼻先の形が人工的になってしまいます。患者さんの希望によっては鼻先ではなく鼻橋部に耳軟骨をもってくることもあります。鼻先に移植となったら鼻尖修正術も同時に行わないと自然な形状にすることができません。鼻の手術は少しの変化で顔全体の印象が良くも悪くも変わってしまいます。まずはご自身がどういった鼻にしたいのかイメージを言葉で説明できるようにしましょう。そして診察で医師にハッキリとお伝えください。美容整形の手術で多いトラブルは双方の意思疎通が不完全だったことによるものです。不明なことはしっかりと事前に確認して手術の予約をしてくださいね。

※上記「大塚美容外科で鼻尖部耳介軟骨移植術」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •