•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


自由が丘クリニックで下まぶたのたるみとり

下まぶたは疲れや老化が一番現れやすい部位なのだそうです。睡眠不足だとすぐクマができるし、小じわやたるみが一番に出たのもそういえば下まぶたでした。自由が丘クリニックのサイトには症例写真がありませんけど、他の美容外科の画像を見ると、こんなにも変われるなんて凄いと関心します。下まぶたってかなり印象を影響するんですね。下まぶたのたるみとりしただけで相当若返ったかんじになりますもん。いくつになっても第一印象はよくしたいもの。目の下にたるみがあるのとないのとでは全く違います。 私は今や小沢一郎さん状態なのでなんとかこの涙袋(ほいっていいのか、目の下のふくらみです)を 除去したいんです。目の下が私は暗青色になっているのですが、これは血行不良が原因なんだそうです。なのでクマに対しては高周波温熱療法などがいいんですって

下まぶたのたるみとりは、下まつげにそうように皮膚を切開し眼窩脂肪を切除、眼輪筋を吊り上げて、あまった皮膚の切除をするそうです。自由が丘クリニックにカウンセリングにいき説明をうけていきましたけど、まつ毛の1mmほど下を切開していくので抜糸が済めばあまり傷が目立つことはないんですって。抜糸は術後5~7日目といいますから少なくとも1週間はダウンタイムがいる計算になりますね。私は眼瞼下垂の手術も受けたことがありますが、下まぶたの腫れは上瞼ほど目立たないので眼瞼下垂のときほど腫れ上がらないでしょうということでした。抜糸後二日目すぎれば傷口をさけてメイクも可能らしいのでしばらくの我慢で違和感は消せそうです

老化って誰にも避けられないけれど本当にいやですね。私は特に目元の老化が最近気になります。目の上が落ちくぼみ、瞼は下がり、下まぶたにはたるみのふくろが出来ています。下まぶたの皮膚のすぐ下に眼輪筋という大きな表情筋があって、眼輪筋と皮膚が緩んで深いしわやたるみの原因になるんですって。自由が丘クリニックの下まぶたのたるみとりは眼輪筋外側牽引法といって皮膚や眼輪筋のハリをとりもどさせる手術なのだそうです。注意点として、これはあくまで下まぶたにはたるみとりであって、目元のちりめんじわなどは消えないそうです。小じわに対しては新たにリフトや化粧品などでアプローチするぢかないみたいですね。下まぶたのたるみとりといってもフェイスリフトの一種なので、切って引き上げることになるんでしょうね。レポブログはいくるか拝見しましたけど、腫れのひどいダウンタイムさえのりきればかなりの変化が臨めそうで楽しみです。自由が丘クリニックですと、佐藤英明医師か島倉康人医師のいづれかが口コミが高いようですが、経験者の術後レポなど比較して検討したいと思います。きになるのは痛みや腫れと術後に突っ張った感じがでるという後遺症問題ですね

自由が丘クリニックでの下まぶたのたるみとりを計画しています。有名なのは古山登隆医師と中北信昭医師ですが症例数が多いのはどちらのドクターでしょうか?古山先生はプチ整形の若返りの発案者、中北先生は輪郭と鼻の名医という印象です。下まぶたのたるみとりの痛みですが、そもそもこの手術はフェイスリフトの目元バージョンみたいなものですが、日帰りで行えるのでしょうか?2chなどで口コミをみていったら、入院している人とそうでない人がいて、日帰りの人は耐え切れずに痛み止めをたくさん飲んだという評判などもありガマンできないくらいの痛みなんでしょうか?レポブログに、麻酔してるのに、ひっぱられる感覚を感じるという感想もありちょっと恐怖です。局所麻酔だそこういう体験があるのでしょうか?全身麻酔は料金が高いですし、身体への負担も大きくリスクもありますけど、強いて言えば全身麻酔の方が安全性は高いのでしょうか?

※上記「自由が丘クリニックで下まぶたのたるみとり」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •