•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


自由が丘クリニックで上まぶたのたるみとり

50代前半の女です。若い頃ははっきりした並行型の二重まぶたで「きれいな目だね」とよくほめられましたが、歳をとってまぶたが重くなってきました。まぶたが垂れてきて奥二重になり、寝不足の日や疲れた日には一重になってしまいます。上まつ毛の上にまぶたの脂肪のないたるたるの皮が乗っかり、視界もせまいです。おでこや眉毛に力をいれて目を必死で開いている状態で、眉間やおでこにもしわがよってしまいますし、肩こりなどの不調も出ています。上まぶたのたるみとりというのは全切開二重の整形手術と同じ方法なのでしょうか?形成外科でも受けられる手術らしいのですが、美しさを求めるなら美容外科の方がいいという口コミをみて自由が丘クリニックを検討しております。中北信昭医師、塩谷信幸医師の評判がよいようですが、このお二方に上まぶたのたるみとりをうけたことがあるかたは感想を聞かせてください

眼瞼下垂のすすんだ目元をすっきりさせたいので方法を探しています。まぶたのたるみのせいで頭痛もひどく早く治したいです。自由が丘クリニックには上まぶたのたるみとりのための治療法が4コあるらしく、上眼瞼皮膚切除、眉毛下皮膚切除(上眼瞼リフト)、眉毛上皮膚切除(眉毛リフト)そして前額リフトです。それぞれに上まぶたのたるみとりという目的こそ同じですが、切開してたるみを取り除く位置が異なるようです。上眼瞼リフトは眉のすぐ下を切開し余分な皮や脂肪をとることで上まぶたを引き上げます。上眼瞼皮膚切除は二重切開と同じように二重のラインからたるみを除去します。私が気にかかるのはどの方法が一番きれいにたるみがとれ、一番自然なまぶたの動きを保てるかという点です。上まぶたのたるみとりに失敗すると目を閉じられなくなることもあるらしいので最も効果的かつリスクの少ない方法でやりたいです

上まぶたのたるみとりは二重埋没法ではできませんか?切開法の場合傷が目立つという意見もあり、目元ですし、できれば傷が残らないようにしたいと思います。埋没法の問題点は時間が経つと効果が薄れる可能性があることですね。眼瞼下垂症は瞼のミュラー筋がたるんでしまうことでまぶたがたれてしまう病気だそうです。病気ですから保険適用でも治せますが、ひょっこり2chなどで評判を調べてみたら奥二重になってしまったとか、左右対称にしてもらえなかったというあまりよくない口コミも多く、適切ではないとおもいました。同じくにちゃんねる情報ではありますが、自由が丘クリニックの古山登隆医師と佐藤英明医師がとても繊細な手術としてくださるということで、オペをうけたいと考えています。眼瞼下垂症はためしてガッテンでも特集が組まれるほど一般的(歳をとればだれでもなる?)らしいです。みっともないたるんだまぶたにもういちどきれいなラインを取り戻したいです

上まぶたのたるみとりを受けましたが、あまり納得のいくしあがりではありません。費用は25万程しました。術後は痛みはあまりなく視界は前よりも少し広くなったようです。これは嬉しかったのですが、目と眉の間が狭くなってしまい、険しい表情に見えます。見た目も大きくかわってしまい、人相が変わったようです。目と眉の間の皮膚は切除してしまったので取り戻せませんがなんとか少しでも以前の顔に戻したいのです。自由が丘クリニックは目元のたるみに詳しい先生がおられるという評判を聞きましたが、ドクター名がわかればおしえてください

※上記「自由が丘クリニックで上まぶたのたるみとり」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •