•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科で上まぶたたるみ取り

20年以上前に埋没法で二重にした経験がありますが、40歳を過ぎたいま年齢による瞼のたるみで目が重くなってきました。調子がいいときは二重になるのですが(それでもかなり幅が狭い)、浮腫がひどいときは腫れぼったい一重状態です。その時は朝、瞼のマッサージをするのですがもうこの年になると1日中一重のままです。目が重い弊害はほかにもあります。ここ数年、酷い肩こりに悩まされています。整体にいっても施術してもらった直後は軽く感じるのですが、しばらくすると凝って仕方ありません。ネットで調べていたら、大塚美容外科上まぶたたるみ取りのページに行き当たり美容整形を考え始めた経緯があります。この手術で目の雰囲気がフレッシュになって肩こりも軽減されたら嬉しいです。まずは大塚美容外科のカウンセリングに行ってみる予定ですが、もう何軒かまわって決めたいと思ってます。お勧めする医院はありますか?

たるんだ皮膚を切除して目元の印象を若返らせる上まぶたたるみ取り治療は、40代以降のかたに人気の施術です。メスを入れる位置は眉毛の下ですので、腫れや赤みが落ち着けば目立つことはありません。1時間ほどの手術でスッキリした瞼になります。ダウンタイムとしては7日間は縫ったところに糸がついてますので、外出は控えられたほうがいいと思います。抜糸の翌日からメイクをしていただいてかまいません。洗顔は翌日から大丈夫ですが、患部は優しく触るように洗ってください。ゴシゴシ洗いは厳禁です。二重にする全切開法の手術よりかは腫れは少ないですが、腫れます。腫れの大きさは術者の腕によりますので、より丁寧な切開・処理・縫合を心がけている医師に執刀してもらうといいです。一つの目安は「形成外科出身者」かどうかです。美容外科のもとは形成外科であり、そこでは切開や縫合の研修が積み重ねられます。畑違いの科からきた医師に手術してもらっても仕上がりの差は歴然です。経歴はHPなどにも載ってますから参考にされると良いでしょう。
△大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

・年をとると頬のたるみや額の皺が気になるかたも多いでしょう。しかし、上瞼の弛みも悩みの上位に食い込んできます。今は70過ぎてもバリバリ活動的な方は男女問わず多いです。活動されるということは、ご自身を他人の目に触れさせることです。そうしますと少しでも若々しくありたかったり、清潔感につとめようとされますよね。なので「若返り手術」は今の美容業界では上客なのです。ご年配のかたやある程度の年齢に達した方は資金面で余裕がある方が多いですからね。上まぶたたるみ取り手術もそういった方に人気の手術です。フェイスリフトは全身麻酔なので抵抗があるけど、1箇所の手術だったら局所麻酔だし…ハードル下がりませんか?しかも目元が若返ると、頬や額に多少のたるみや皺があっても”若い”印象は与えられます!
上記の記事を読んで私も上まぶたたるみ取りに興味を持ちました。夫が若い女とできて離婚しました。屈辱的でしたが何とかいまは乗り切れそうです。離婚の歳に慰謝料はそれなりに払わせたので、そのお金で私も人生を再出発しようと思います。かなり前に大塚美容外科にホクロ取りにいったことがあるので、そこでやってもらおうかなと。口コミの評判も高いので選んでみました。手術が成功したらまた仕事に復帰してバリバリ働いて、若い彼氏をつくるくらいの勢いで生きていきたいと思ってます!

※上記「大塚美容外科で上まぶたたるみ取り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •