•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科で下まぶたたるみ取り

加齢によるお顔の変化の悩みは人によって違いますが、下まぶたのたるみについてのお悩みも相談の上位にあがります。皮膚がたるんで影ができると疲れたようになりますし、黒々としたクマはお化粧でもカバーできないこともあります。目の下の皮膚は薄いので脂肪が垂れてくるとすぐに溜まってしまうのも、老けた印象をあたえる役目になっています。下まぶたたるみ取りの手術でクマや脂肪の塊、不要な皮膚を切り取って張りを取り戻すと5~10歳は若返った印象になります。
切るところは下まつげの生え際ギリギリのところです。上瞼の手術と違って目を開けていても閉じていても傷跡が見えるので皆さん気にされますが、まつげの際を丁寧に切開して縫合しますので、抜糸を終えれば気にならないことでしょう。60分ほどの手術ですのでクリニックに来てから退院するまで半日もあれば完了します。丁寧な手術と粗雑な手術では仕上がり・傷跡が全く違ってきます。ダウンタイムも腫れが少ない、早く終わるという利点もありますので執刀医のレベルがどれくらいか知っておくのは重要です
大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

20代後半からクマに悩まされてきました。アイクリームや化粧品はかなり良い物を使っていたのですが効果がありません。仕事が忙しいのでちゃんと睡眠をとれていないことも原因だと思いますが、少しでもこのクマが改善されるならと下まぶたたるみ取りを考えています。18のときに大塚美容外科で鼻のプチ整形をしたことがあります。仕上がりには満足してたので下まぶたについてもそこでお願いしようかなと思ってますが、やはり銀座みゆき通り美容外科のように下まぶたを専門的にされてるところのほうが上手ですか?接客業なので失敗は許されません。それと来月から役職が変わるので今以上に仕事がハードになります。今月中しか時間がないので、予約が取れやすい名医を探しています。どうぞよろしくお願いします。

下まぶたの小じわが気になっていて大塚美容外科にカウンセリングに行きました。私はヒアルロン酸注入を勧められると思ってたんですが、先生からは下まぶたたるみ取りを提案されました。切開する手術になるので聞いた瞬間は拒否反応が出ましたが、先生の説明を聞いているうちに考えが変わってきました。ヒアルロン酸でも一時のしのぎにはなるそうですが、私の肌の状態や持続の面から「いま切除の手術をしておくべき」ということでした。先生からは手術のリスクもちゃんと話してもらったので、むしろ安心感が上がりました。ヒアルロン酸と比べるとダウンタイムは長いですが、先生の言うように切開して良かったと思います。久しぶりに大学時代の仲間たちと集まったのですが、私が一番若々しかったと思います(笑)何人かからは「何の化粧品使ってるの?」とか聞かれました。手術で自分に自信がもてると、自分のことを大事にしようって意識になりました。大塚美容外科の院長先生には女性として大切なキッカケをいただいたと思います。今後は自分の力で女磨きを頑張り、また限界がきたら今度はフェイスリフトでも…笑。でもこういう目標があるから頑張れるんですよね!

・治療時間は60~90分ほどで終わります
・ダウンタイムは個人差はありますが5日ていど。最初の2~3日は患部をテープで固定します
・局所麻酔の治療ではありますが、専門的な知識をもちいて麻酔を使っておりますので術中の痛みはありません
・下睫毛の毛根を殺さないギリギリのところを切開して縫合します。手術から7日経過したら抜糸のために来院していただきます
・洗顔、シャワー、入浴は治療の日から大丈夫ですが、あまり温めすぎると血行がよくなって腫れが大きくなるのでザバッと浴びる程度がいいでしょう
・治療は両目同時にすることはもちろん、片目だけでも対応しています
以上、大塚美容外科の下まぶたたるみ取りの概要でした。詳細を知りたいかたは大塚美容外科のHPをご覧ください

※上記「大塚美容外科で下まぶたたるみ取り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •