•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科でハムラ法

50代の主婦です。目の下にこんもりと出現した膨らみが表情を暗くしているので思い切ってハムラ法を受けました。主人にも相談したところ、最初はもちろん美容整形なんて発想に驚いていましたが、「綺麗な妻を横に歩くなんて嬉しくない~?」っておだてるように説得してたら「参ったよ、やっていいよ」と承諾してくれました。金輪際整形には手を出さないという約束つきですがね(笑)それからは時間がある度にハムラ法について調べたり、どこの美容外科がいいのか情報収集していました。目の下の若返り手術ですと、銀座みゆき通り美容外科や銀座CUVOクリニックなどが東京では有名らしいですが、最終的に私が選んだ美容外科は大塚にある大塚美容外科にしました。もちろん最初の2院も感じもよくて先生方も腕が確かなんだろうと思いましたが、口コミで最も評価が高かったのが大塚美容外科だったんです。気になる口コミもありましたけど、よく読んでみると患者のほうにも非があるような内容だったので先生の腕には関係ないと思いました。
手術当日はさすがに主人も心配してましたが、私は楽しみで仕方ありませんでした。高揚する気持ちを抑えつつ医院に向かいました。手術の前に先生と最終確認をして始まりました。点眼麻酔をしたとはいえ、麻酔の針が入る瞬間はチクッと痛みがありました。でもその一瞬だけであとは触られている感触はあるのに、痛みは手術が終わるまで一切ありませんでした。手術中も定期的に先生や看護師さんから「大丈夫ですか?」「もうすぐ終わりますよ」と声をかけていただいてましたので、終始リラックスした状態でうけることができました。手術が終わったら休める部屋に案内され、そこで2時間ほど休みました。この時点では腫れはありません。糸がピンピン出てますが睫毛もあるので遠くからみたら気付かれないと思います。帰宅してから主人にも「本当にやったの?」と言われるくらい(笑)翌日とその翌日に内出血と腫れがでましたが、想定内でしたので動揺することもなく家で安静にしていました。1週間後の抜糸のときにはほとんど落ち着いているように思いましたが、先生からは「まだまだ腫れてます。1ヶ月は変化が起きますよ」と言われました。あまりにあっけないダウンタイムだったのでちゃんと脂肪が取れたのか、膨らみがなくなったのか不安になって家で写真を撮って手術前の状態と比較しました。すごいですよ、ちゃんと膨らみが解消されています。主人にも前後の写真を見せようとしたんですが、「写真で見なくても分かる」と言われました。失敗や大きなトラブルもなく終わったので主人も安心したようですし、前より一緒に出かけることが多くなった気がします(笑)これも大塚美容外科の先生がハムラ法を丁寧に行ってくれたおかげだと感謝でいっぱいです

大塚美容外科の下まぶたたるみ取り手術には「ハムラ法」と「裏ハムラ法」とがあります。裏ハムラはまぶたの内側(アッカンベーをした時に見える赤みがかった部分)を切開しますので、表面の肌に傷跡は残りません。腫れることもなく内出血が出てもすぐに消えるのでダウンタイムを気にする必要がありません。抜糸の必要もないので手術の翌週の予定も入れられます。この条件ですと皆さんが裏ハムラ法を望まれると思いますが、患者さん一人一人によって症状が違うように、向き不向きがあります。大塚美容外科に在籍する医師は技術も知識も豊富ですし、誠実に患者さんと向き合います。ですのでいくら患者さんが希望される手術でも、その方にとって向いていないまたは施してはいけない手術だった場合は丁重にお断りします

※上記「大塚美容外科でハムラ法」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •