•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


大塚美容外科で眼瞼挙筋短縮法

現在40代ですが、10代のときからコンタクトレンズを着用していました。長年使っていたせいか目の開きが悪くなってきたので眼瞼下垂の手術を検討しております。30代後半から急激に下垂しました。右目がとくに酷いです。家族もそうですが、会社の同僚にも指摘されます。緊急性もないし多少視界が狭くなったくらいなので放っていたのですが、妻から「人相が悪く見えるよ」と言われ、これはいけないと思い手術を考えるようになりました。妻も一緒に調べてくれて形成外科と美容外科のどちらでやろうか話し合ったところ、お金がかかっても細かなデザインまで対応してくれるところのほうが良いだろう、ということになりました。というのも仕事上、さまざまな取引先のかたと接することが多いので、なるべく自然に仕上げていただくことが最優先です。
眼瞼挙筋短縮法と、挙筋腱膜法とがあるようですがどちらを選べばより自然に仕上がるかなど、違いはあるのでしょうか?また、よければお勧めの美容外科を教えていただけると助かります
大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

眼瞼挙筋短縮法は生まれながらに眼瞼下垂である方に用いることの多い手法です。大塚美容外科でもこの方法は取り扱っています。手術の内容を簡単に説明しますので参考までにどうぞ。
この手術では伸びてしまった眼瞼挙筋を縫って縮めて開眼能力を改善させます。目の開きが悪いのは、瞼の内部で本来だと一定の位置まで縮まるはずの筋肉が縮まらずに起こっていたことです。この方法は筋肉への負担が小さくありませんので、重度の眼瞼下垂の人に勧められています。軽度の眼瞼下垂ですと挙筋前転法が適しています。もっと重度の方には筋膜の移植という方法がとられますが、美容外科でこのケースはほとんどありません。
いずれにしても眼瞼下垂の手術は大きく腫れが出ますので、通常の切開手術よりダウンタイムは長く確保しておいたほうが賢明です

大塚美容外科の石井先生は信念をもって患者さん一人一人に対応しています。先生のお人柄がわかる記事を読みました。眼瞼挙筋短縮法のお話をされていた時のことです。
10人の眼瞼下垂の患者さんがいらしても、瞼の状態はそれぞれ異なります。筋肉の強度、脂肪の厚さ、皮膚の伸び具合…同じ手術でも操作のやり方は変わってきます。カウンセリングの時にはどういった状態になっているのか、患者さんはどうしたいのかなどを聞き、正しい方法を見つけ出します。しかし手術はやってみないと分からないこともあります。眼瞼挙筋短縮法と決めつけて一辺倒のことをやっていたら、それでは患者さんは納得されない結果になるでしょう。手術方法は取得していても、患者さんが望まれていることはなんなのか?それを実現するにはどうすべきか?そして限界はどこなのか?そういったことを丁寧にお伝えして納得された方に手術を受けていただいてます。

瞼の下垂で目を開けるときに額に力がはいったり、物を見るときに瞼が上がらないので顎を上げて見るようになった場合には、眼瞼下垂の疑いがあります。この症状は進行すると肩凝りや頭痛といった日常生活に支障をきたす恐れがあります。また、睨んだような目つきになって相手に不快感を与える場合もあります。筋肉を伸縮させる機能が衰えてしまったかたには眼瞼挙筋短縮法です。伸びて縮まらなくなった挙筋を短くして、スムーズに目を開けられるようになります。
△大塚美容外科のテーマから逸脱 m(_ _)m

※上記「大塚美容外科で眼瞼挙筋短縮法」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •