•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


Dr.菅原康志 鼻 輪郭

中学生のときに好きだった男の子から見た目のことでからかわれたことがありました。それ以来自分の顔が嫌いで、高校生になってバイトも始めて17のときに埋没法で二重にしました。それでも納得できなくて鼻筋にヒアルロン酸を入れました。これは自分の好きな雰囲気になったので満足しました。それから1年後に眼瞼下垂とL型プロテーゼと鼻中隔延長をやりました。鼻と目、それぞれは好きなんですけど、友達と並んでる写真をみると自分はまだブスで・・でもこれ以上どうすれば良いのか分からなくて2chとか美容医療協会のサイトに相談したりしました。一緒になって私の悩みを考えてくれた人に「骨格が原因かもしれない」と指摘されました。そんなことあるのかな?と半信半疑でしたけど、2chで銀座にあるリラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志先生が輪郭の名医だと名前が上がっていました。始めて聞く名前だったからまずサイトを確認しました。大手のようなガチャガチャしたものではなく見やすい作りにセンスの良さを感じました。他に口コミもチェックしましたが成功したり満足してる人が多かったので、すぐに菅原先生のカウンセリングを予約しました。先生からは「軽く上顎がでてるからそれを下げない限り納得できないんじゃないかな?」と、まさに指摘された通りの診断結果でした。ルフォーⅠと矢状分割術の説明も丁寧で分かりやすかったです。早く手術をしたいのですが料金が150万と学生の私にとっては高額なため、もう少しバイトで貯めてからの予定です。モチベーションも上がっていまは勉強にバイトにやる気がみなぎってます

2chでは【神の手】菅原康志教授【輪郭・鼻】というスレッドがたっています。自演というのはどこのクリニックでも言われると思いますが、それでも菅原医師は技術があるようですね。保険が適用される施術であればかなり良心的な費用でやってくれるというのもポイントが高いと思います。ですが2ch上のことを鵜呑みにするのは危険でもあるのでこうしてご連絡しました。菅原医師の本当の評判を知りたいです。腕が良いのか悪いのか、名医なのかヤブ医者なのか?輪郭と鼻を専門としているけど、実際には鼻はそれほどで輪郭だけ任せたほうがいいなど、何かアドバイスをいただけたらと思ってます

リラ・クラニオフェイシャル・クリニックの菅原康志ドクターが得意とする輪郭の手術は、口元がもこりと出ていたり、かみ合わせが正常でなかったり、アゴが歪んでいるのを改善さえます。日本人に多い口もとが突出している症状は、歯の並びを整える歯列矯正で改善できることもありますが、外科手術を施さないと無理ということもあります。歯茎が出ていると自然な状態で唇を閉じることができません。口が半開きの見た目は格好悪いし、口呼吸は体にもよくありません。このような場合に菅原ドクターが用いる輪郭手術は「上顎骨分節骨切り」です。この方式であれば出っ張った歯茎を適切な位置に移動させることが可能です。しかし菅原ドクターは「デメリットとして抜歯をしなければならず、隙間が100%埋まるのは難しい。またこの方式は鼻の形状も変えてしまうので誰でも受けられるわけではない」とおっしゃります。2chでたまに「口を引っ込めたら鼻がおかしくなった」という失敗談がありますが、こういったリスクを知らずに執刀してしまうドクターもいるようです。輪郭形成の修正は困難です。ケースによっては最初の費用より何倍もかかって治療しなければいけないこともあるそうです。菅原ドクターのように知識も経験も豊富な美容外科医にお願いしなければいけません

※上記「Dr.菅原康志 鼻 輪郭」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •