•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科で出っ歯手術

出っ歯で歯列矯正していたんですが、あまりきれいになおりませんでした。歯並びはかなりきれいになったんですけど、はっきりいってまだ出っ歯・・。リッツ美容外科の上顎分節骨切り術という手術で出っ歯がなおせるというのでかなり興味を持っています。上顎分節骨切り術は左右第1小臼歯を抜歯して根元の骨も取り除いてしまい、その空いたスペースに前歯6本をごっそり後退させて下顎の歯に噛み合うように調節するんですって。でもリッツ美容外科のホームページをよくよく読むと、歯列矯正の間に行う手術らしくて、私のようにすでに矯正が終わってしまっている人はもう一度矯正しないといけないのかもしれません・・。ワイヤーけっこうきつかったのでもう1回あの治療繰り返すのかとおもうとちょっとげんなりしますけど、仕方ないですね。出っ歯の手術を含め顎の手術はかみあわせが大切。上顎のみだけ考えるのではなくて、額~鼻~口元~顎先の顔全体のバランスをきれいにすることにフォーカスしてやらなきゃいけないんです。術前にはセファログラムという顔面レントゲンの撮影をしてもらって医師が分析し、咬合模型を作成して手術計画を綿密に練ることが失敗しないポイントなんですって同じ輪郭の骨切りの手術でもエラ削りや頬骨削りはレントゲンだけで切れるらしいのですが、顎の手術となるとかみ合わせがかかわってくるし血管や神経の複雑にからまっている場所なんでデサインをきっちり詳細に組み立てなきゃいけないんでしょうね、リッツ美容外科の出っ歯手術は東京院の広比利次院長、同じく東京院永井宏治医師、高松院、古谷富治雄院長、大阪院の志賀由章院長に受けることができますよ。特に東京院は専門の麻酔医がいるので安心して全身麻酔をうけることができます。輪郭の手術ともなると全身麻酔になるわけなんですが、全身麻酔は注意しないと結構危ないらしい。よっぽどの失敗でない限り患者が死亡するようなことにはならないんでしょうけど、それでも専門医にやってもらえるにこしたことはないですからね

リッツ美容外科で出っ歯の手術を受けました。今手術から10日たってだいぶ腫れが引きました。上顎の前歯の骨を切って後ろに下げるオペだったんですけど、ダウンタイムは顔腫れすぎてブスで鏡見るたびノイローゼになりそうでしたよ。でも腫れがひいてきたら歯が引っ込んでいるのがわかるようになってうれしいです。出っ歯をなおすと老けて見えるっていうけどそんな感じはないですね。あごの手術どこがいいかな?ってyahoo知恵袋やおしえてgoo!や2chで聞きまくった結果、リッツ美容外科、高須クリニック、千葉大学医学部形成外科のDr.佐藤兼重、自治医科大学形成外科のDr.菅原康志、北里大学医学部形成外科のDr.内沼栄樹、東海大学医学部形成外科のDr.宮内宗男、聖マリアンナ医科大学形成外科のDr.熊谷憲夫などの名前があがりました。総合病院・大学病院の歯科口腔外科はたしかに出っ歯の手術やってくれますけど、たぶん矯正歯科の紹介状がないとむりなんですよね。私は矯正はしたくなかったんです。オペだけやって出っ歯だけ治したかったんです。大学病院は保険が効くから料金が安くなるけど、症例写真とか見てても医者の美的センスないな~っ手思うし、実際体験者の口コミみてても口元だけなおったけど、顔トータルでみると前歯凹んでるとか、横顔きれいじゃないとがあごが歪んでるとかいろいろ問題あるみたいですからね。リッツ美容外科のカウンセリング行ったらやっぱり矯正はかみ合わせのために必要になるとおわれたけど、サージェリーファーストでやってくれたし矯正が一番短くていいように工夫してくれた。やっぱり見た目の美しさを相談できる美容外科にしてよかったと思っていますよ

※上記「リッツ美容外科で出っ歯手術」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •