•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


リッツ美容外科でルフォーI型骨切り

ルフォーI型骨切り術に関する質問をQ&A形式にまとめました。
Q.リッツ美容外科のルフォーI型骨切りは術後に歯の矯正は必要ないといわれましたが、他院で同じくLe FortI 型骨切りのカウンセリングをうけたところ、必ず術後に歯列矯正が必要といわれました。リッツ美容外科も先生いわく咬合には一切影響を与えないので必要ないらしいのですが、もう一つの医院ではルフォーI型骨切りをやることであごの位置が変わるため矯正はマストということでした。ちなみにルフォーI型骨切りをうけたいのはガミースマイルの治療のためです。

A.ガミースマイルの治療目的でカウンセリングを受けられたようなのでおそらく、リッツ美容外科の先生は上顎短縮骨切りで上顎の長さを単に短くするルフォー1型骨切りを提案されたのでしょう。もう一つのクリニックの医師は上顎を短縮し、さらにやや後ろに引っ込める手術を提案したため、矯正の必要性を指摘されたのではないでしょうか?ルフォー1型骨切りは鼻の下のラインで上顎の骨切りを行い上顎骨が自由に動くようにしておいて、長さを短くしたり、ときには人工骨を用いて長くしたり、後ろへ下げたり前へ出したり自在に動かすことができる手術です。あなたはガミースマイルといって笑うと歯茎が露出してしまう症状が気になるということでしたが、ガミースマイルを持っている方は出っ歯を伴っている方も多くいます。(反対に受け口や反対咬合もみられます)2つめのクリニックの先生はあなたに上顎の長さを調節するだけでなく上顎の位置の移動も必要ともたのでしょう。上顎の長さだけ調節するケースではリッツ美容外科の先生のおっしゃったように歯列矯正は必要ありません。この場合、ルフォーI型骨切りによって変わるのは上顎の上下の長さだけであり、前後移動はないため咬合にな影響がないからです。しかし、2つめのクリニックの医者のように上顎の前後移動も必要になるケースでは必ず歯列矯正が必要になります。顎の手術えおいうものは非常に微妙なものです。虫歯はどの治療でほんの少し詰め物をしてもかみ合わせに不自然を感じた経験は多くのかたにあるのではないでしょうか?ルフォーI型骨切りともなると顎の位置自体がかわってしまう可能性があるのですから、かみ合わせに与える影響も甚大です。

Q.リッツ美容外科でのルフォーI型骨切りを考えています。名古屋在住なので東京院か大阪院で迷っていますが、おすすめはどちらですか?また、ルフォーI型骨切りと同時にできる小顔手術があれば教えてください。

A.名古屋在住でいらっしゃるとのことですが、2017年8月まではリッツ美容外科に名古屋院がありました。山岸誠治医師が院長をつとめる評判のいいクリニックでしたが残念ながら現在では閉院されてしまいました。東京院となりますと、広比利次院長、永井宏治医師の二人に医師が在籍しています。東京院には専門の麻酔科医もいますから安心してルフォーI型骨切りを受けられるでしょう。またリッツ大阪では志賀由章院長が執刀を担当します。志賀先生もまた口コミの多い医師であり数々の症例を誇ります。ちなみにリッツ美容外科には高松院もあり古谷富治雄院長がやはり輪郭の手術を担当されています。現在リッツでメスを握る医師はこの4名のようです。リッツ美容外科でルフォーI型骨切りと同時に行うことが多いのはエラ削り、顎骨切り、頬骨削りなどの小顔手術。そしてたるみ防止に額フェイスリフト、頬部フェイスリフトなどが行われることが多いようです。特に年齢を重ねてからのルフォーI型骨切りはしわやたるみが深くなる可能性を秘めているので頬部フェイスリフトは人気が高いそうです。2chなどでは経験者の口コミや評判、感想を見ることができますよ

※上記「リッツ美容外科でルフォーI型骨切り」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •