•     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     


山本クリニック 鼻中隔延長術 修正

Q
鼻中隔延長術とプロテーゼ隆鼻術の術後経過に関して山本クリニックさんに質問です。
・プロテーゼと移植軟骨を除去したうえで元の鼻のカタチに戻すことはできるでしょうか?
・除去した後何らかの副作用ないしは後遺症が出るでしょうか?
・除去した後の鼻先は元の硬さに戻りますか?
・手術はいつから行えますか?
A
・移植軟骨とプロテーゼを取り除けば元の鼻の形に戻せます。
・もっとも鼻中隔延長術をすでに行っていることから、移植した軟骨を全て除去してしまうと元々の高さより低い、ないしは丸みを帯びた鼻になってしまうおそれがあります。
・通常は軟骨を少しだけ残して修正する手法を選択します。
・戻す際もわずかですが感染症のリスクがあります。
・完全には元の鼻にならないことも不満の原因となるやもしれません。
・移植軟骨を少しだけ残すため鼻先には若干硬さが残ります。
・元に戻すことを決めているのならば修正手術は早い方がよいと思われます。
・腫れや炎症の影響が消えれば、鼻の形も希望通りになるかもしれませんので、山本クリニックでの手術を前向きに考えていただければと思います。
Q
・鼻中隔延長術自体は2年前に他院で行いました。
・そこの医者に任せてしまった結果、魔女のような下に伸びた鼻となってしまって整形したことがバレバレなのが悩みです。
・そこで今回山本クリニックさんで、正面から見て長すぎる鼻中隔を短くする修正手術をすることを希望しています。
A
・延長しすぎてしまった鼻尖部を短縮することはもちろん可能です。
・どの程度修正するか、希望する仕上がりのイメージはどのようなものか、医師と患者の双方が理解するためにも、手術前のシミュレーションで仕上がりをできるだけイメージするのがベストだと思います。
・なおオープン法にて延長のため移植した軟骨を削って短くする手法をとります。
Q
・3年ほど前に肋軟骨移植による鼻中隔延長術を他クリニックで受けたことがあります。
・その際同時に鼻尖へ耳介軟骨移植を行ったのですが、最近になって鼻先に移植軟骨の輪郭が白く丸く浮き出るようになりました。
・修正手術は可能ですか?削る場合は透けないよう脂肪を移植するのでしょうか?
・また修正はオープン法でなくクローズ法では行えないのでしょうか?
A
・鼻中隔延長術における修正の際は、山本クリニックでは確実なオープン法をお勧めしております。
・移植軟骨の輪郭が浮き出る場合には、一部軟骨を削って少しだけ低く面取りを行い、脂肪移植だけでなく真皮脂肪や筋膜の移植も必要に応じ行うこととなります。
Q
・山本クリニックでは鼻中隔延長の修正手術は行って頂けるのでしょうか?
・以前右耳の軟骨を用いた鼻中隔延長を行いましたが、微妙に曲がっているためそれを修正したいのです。
・なお鼻先をこれ以上下げたいといった要望はありません。
・次に修正するとなればやはり肋軟骨移植が適しているでしょうか?
・加えてプロテーゼも入っていますがこれも不自然な高さであるため低くすることも希望します。
・あとは鼻中隔延長術を受けてからどれ位期間が開けば大丈夫でしょうか?
A
・山本クリニックでは鼻中隔延長修正を多数行っております。
・鼻の湾曲修正を希望するならば、左耳の耳介軟骨を移植することで修正可能と思われます。
・ただし鼻の状態次第では肋軟骨を必要とすることも考えられます。
・プロテーゼについても修正可能です。
・希望があれば鼻中隔延長術から間をおかずすぐに修正手術を行うこともできます。
Q
・数ヶ月前山本クリニックとは別のクリニックで鼻中隔延長術を受けました。
・腫れがひくにつれ鼻全体が右側に曲がってしまっていることがわかりました。
・クリニックにクレームを入れたところ、「この程度の曲がりは一般的な鼻でもありうることで決して不自然ではありません。あなたは気にしすぎです。」といってまともに取り合ってくれません。
・笑うと実際に鼻が右に曲がった状態なのがはっきり分かります。
・おまけに最近鼻筋に違和感が出て頻繁に痛むようになり、赤くなったりはしていないんですがこの際シリコンプロテを抜いてしまおうと思うようになりました。
・私としてはシリコンプロテは抜去しても鼻先は下げたままにしておきたいです。
・曲がっている鼻を正面から見て真っ直ぐにしたいんですが可能ですか?
A
・鼻中隔延長術後プロテーゼだけを抜去すると、鼻背と鼻先との間に高さの齟齬が生じてしまい不自然な見た目となる可能性が出てくるでしょう。
・プロテーゼを入替えれば鼻の曲がりは改善されると思われます。
・あるいは異物であるシリコンののプロテーゼがイヤならば、鼻背部の軟骨移植術により鼻先との間の齟齬を無くすことにより修正が可能です。
・鼻先を下げたままで行うことができます。
・ただし鼻中隔延長術で移植した軟骨が曲がっていればその修正が必要とされるケースもあります

※上記「山本クリニック 鼻中隔延長術 修正」は読者別々の寄稿記事であり管理人はその内容を肯定・否定する立場にありません

[showwhatsnew]
  •     
  •     
  •     
  •     
  •     
  •